So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ミッチェルが東京を離れる [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

ミッチェルが今月、沖縄へ帰ることになった。
いろいろ書きたいが…まずは今週金曜日の送別会をこなしてからだな。

あけましておめでとうございます [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

あけましておめでとうございます。

俺は2日に、長野から帰ってきました。

夫の実家が長野にあるため、年末から正月にかけては長野に行くことが定例となっています。元日にチェサ(法事)をやるんだよね。元旦にお墓参りしそこでチェサをする。チェサというのも幅広い言葉なんですが、ただまあ、ある程度簡略化された儀式のようなもの、とわからない方は思っていてください。いつかざっと紹介したいと思います。

で、松本によってミキハウス福袋をゲトしてきたよ。
雪の降る中開店前からすんげー行列。

 IMG_1660.jpg

これは百貨店福袋に並ぶ人ですー、お店にはいる方はこちらって案内されたけど、そっちもすごい人だよ!雪がちらつく中しばし待つ。開店と同時に入店したけど5階のミキハウスについた時点でラスト1袋に…。どんだけ訴求力があるっちゅーねん。

IMG_1661.jpg
↑中身はこんな感じ。値札見る限り2万以上にはなってました。単なるプリントじゃなくて全部アップリケ+刺繍ですわよ。丁寧なお仕事よねえ…。年末は2万円福袋を予約しようと思いました。ちなみにこれまたお得と噂のエディー・バウワーの福袋は購入できず。これも年末の楽しみに残しておこう。

さて話は変わりまして。

帰り道、夫の出た松本朝鮮初級中級学校による。

そこは既に廃校となっており、かなりの年月が経っているせいか、見た目もボロボロで、ガラスもあちこち割られ、放火された形跡もあった。高台の、松本市内を一望できる場所にある廃墟は、悪目立ちしながらも、怖いよりもむしろ寂しい印象をうけた。廃墟マニアにも有名で、ネットで検索すると中の様子のルポがいくらでもでてくる状況だ。寮が併設されていたため、敷地は結構広い。
「ここにはプールがあったんだ。そういう朝鮮学校は全国でも数少ないんだよ」
裏に回ると浅いプールが確かにあった。夫が初めて性体験をしたという革命準備室?のガラスも割られていた。窓ガラスの向こうに学園祭の看板らしきチョゴリ姿が透けて見えるところもあった。かつて生徒が走り回り、教室で雪合戦をやったなんていう活気を想像するのは難がある、そんな風情だった。時間に任せたまま朽ちようとしているのがいかにも寂寥であった。もう一周する?と私が尋ねると、少し考えてから、いや、やめよう、と彼は言った。
「ぼろぼろ過ぎて、泣きたくなる」

行きは高速道路を使い、帰りは「昔アボジやオモニが送ってくれたように」国道をはしることにした。からりとした晴天なのに雪が舞う。たんぽぽの種子が風に流されるように。風花というらしい。山道でのそれは、体の深い所をわしづかみにされるような郷愁を催させる。なぜか車ででるときに義母に抱かれた息子が見せたなく寸前のようなしぶい顔を思い出した。自分は置いていかれるのだ、ということをぼんやりと自覚していたのだろう。明るい顔の義母とは対照的に、僅かに眉根をよせたしぶい顔を私たちに向けていた。なるべく早く帰るからね、と声をかけながらも、後ろめたい気持ちに駆られる。振り返ったら泣くかもしれないと後ろも見ずにその場を離れた。その顔をふと思い出していた。

風に舞う雪はすぐに消える。あとも残らない。私のこの郷愁も、じきに失ってしまう。忘れたくないことを多く抱えながら、いきていくのだ、と、息子の元に私たちは車を走らせていた。いつかこの風花を息子とともに眺められればいいな、と思いながら。


2011年の総括をしておこう [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

ついに12月31日になってしまいました。

基本的に正月は旦那の実家へ帰省するんですが、今年は子ども連れで。子連れで移動すると思わぬ「ああこういうことか…」という悪い意味での発見が多いけれども、それがもっとも顕著なのは「電車移動」なので、そういう意味では自動車で動ける身のありがたさをひしひしと感じたりしている。

妊娠中はよく映画を見ていた。出産後はあんまり見られなかったなあ…。今年のベスト、新旧あわせてだと、順不同でスーパー8、宇宙人ポール、アンダーグラウンド、下苅り半次郎、英国王のスピーチ、かしらん。あと妊娠中にうっかり「引き裂かれた尼僧」下ネタ系で度肝をぬかれた作品が目立つような気もしますがまあそれはさておき、インパクトという意味ではなんといっても下苅り半次郎でしょうな。「せめころしてる!」と磔台の上にいる女へ飛びついてクンニしたり、マムコの中に「色即是空」という文字が浮かび上がったり。まあなにをいっているかわからないとは思いますが、そのまんまの映画なのできっとみたとしてもわからないとおもうであろうことは断言できますええ。石ちゃんと並んでオーバーオール着てるバヤイじゃないっての。すげー漢だ伊吹吾郎。

個人的には子供が生まれたこともあるけど、今年の重大ニュース、やっぱり3.11かな…あのときわたしがなにをしていたか、いつかまとめたいと思っている。

来年はもう少しここに書きたい。ようやく嵐のような日々に余裕が生まれつつあるので…難しいかもしれないけど書くのからは離れられそうにないからね。

さてハニーたち、今年はどんな一年だったでしょうか。今年一年ご苦労様でした。来年がいい年でありますように。

やあ年の瀬ですよみなさん [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

IMGP0306.jpg

こんちす。k−rで↑撮ってみました。

今年はいくつも自分にとっては大事なことが起きました。それはもちろん新婚旅行、初出産、わからないことだらけの子育て、そういうこともあるけど、3/11の震災とそれにつらなる原発事故…。日本という国のあり方が大きく転換する年だったように思います。

この国で生きる、次世代をうみ、育てる。そういう当たり前のことが当たり前として漫然と受容していくことがとても難しくなってきたんだな、と思っています。

それでもここで生きる。育てる。そのためにはできる限りのことをしていきたい、と強く思います。

ここもだいぶご無沙汰だったのでいっそのこと閉鎖…なんてことはせず、またぼちぼちエロはじめていきますわい。子どもの画像を掲載しながらいうことじゃ、ないけどね。またおつきあいくださいまし。

 


デジタル一眼レフがほしい! その3 [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

手にしっくりくるということで決めたPENTAX K-r。色は黄×緑にしますた。レンズキットだけど、単焦点レンズも別に買いました。明日か明後日にはくる予定。

楽しみだなあ…。きたら当然のごとく息子おにぎりをとりまくる予定。


デジタル一眼レフが欲しい その2 [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

値段とかいろいろ考えて(基本的にあんまりCanon好きじゃないってのがある。コンデジはCanonだけど)PENTAXのK-rに標準を定めつつある。でもって今日は新宿にあるPENTAXのショールームにいってきた。

全くの素人であることを前提にお店の方とお話をする。持ち方から聞く始末。(だいたい知ってたけど)シルバー×ブラウンがいいかなーと思ってたけど、実機を見て「うーん…イマイチ」。もっとくすんだシルバーかと思ったら、メタルメタルしたお色…。うーむ(選んだ人には申し訳ないけど)かえってチャチイんだよなあ。

つーわけでホワイト×ブラックとかもあるけどありきたりだし…とあと一日ぐらいしかオーダーの時間がないってのに、ゆらゆらゆれまくってるわけです。うおおお。


デジタル一眼レフがほしい! [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

子どもが大きくなって可愛い笑顔をするようになると、綺麗な写真を撮りたいなーと切望したくなる。

旦那に頼んだら5マンぐらいなら共有の貯金からだしてもいーよ、というお達しだったので、いまのところ、ペンタックスK-r、キヤノンX5、ニコンD5100、にしぼった。どれがいいかなあ。

全てはメーデーにあり!男の無神経横溢映画「夜の河」 [映画レビュー※ネタバレ注意]

吉村公三郎監督山本富士子主演「夜の河」(1956年)を見る。 見る前は「単なるラブロマンス/紅涙絞るメロドラマなんだろうな」とたいして期待もせんかったんですが、あにはからんや。これが大違い。かなりの怪作でございました。
ストーリーは、京都が舞台。臈纈染めを営む店に生まれ、職人である父(東野英治郎)を手伝うきわ(山本富士子)。彼女を崇拝する画学生岡本を相手するのがせいぜいで、見合い話も断る娘が婚期を逃しつつあることを父は気にしているが、職人が「労働基準法」などと言い出してやめる状況では、娘に頼らざるを得ない。きわはろうけつ染めの営業に出向いた先で、言い寄る仲買人近江屋(小沢栄太郎。絶品!)をうまくあしらいながら、様々な店へ自分たちの品を売り込む事に成功する。その帰り道、ショウジョウバエの染色体研究をしている阪大教授竹村(まったく精彩に欠く上原謙)とその娘と知り合う。そのあと竹村がきわの家を訪れたり、きわが竹村の研究室を訪れたりしながら交流が続く。きわの店は近江屋の紹介で東京に進出するがそれとセットに二人で旅館に泊まる事を要求される。きわはからくも逃げるがそのあと宴席で近江屋にひどい侮辱を受ける。悔しさいっぱいに京の街を彷徨うと竹村に遭遇。竹村は岡山の大学へうつる、という。突然の雨に降られた二人は、きわの幼なじみが経営する待合で初めて一夜を過ごすのだった。きわは戸惑いながらも竹村との付き合いを続けるが、きわを思慕する画学生岡本は「そんなのは不純だ」と彼女を詰る。竹村の娘がきわの店に現れ、自分の母親が病気であり長くはないかもしれない、と告げる。竹村ときわは白浜に旅行する。そこへ竹村の妻の病状が悪化した知らせがはいる。自分が彼女の死去を待っているような気持ちになったきわは一人岸壁に立つ。竹村はその傍に寄り添い「もうすぐ…」と告げるのだった。やがて竹村の妻は死ぬ。岡本は体を壊し田舎に帰る。岡本とのやりとりの中できわにある決意が浮かぶ。彼女からのたよりが途絶えたのを心配してやってきた竹村にきわは別れを告げる。労働基準法云々と言ってやめた職人が彼女の店に戻ってきた。職人と二人でメーデーの行進を見守るきわの心はいつになく晴れやかだった…。

こんな感じです。ストーリーだけ見ると松竹大船調というかまあそんな具合なんですが、出てくる人出てくる人、みんな無神経ないやな奴ばっかりで基本的に感情移入しづらい作品に仕上がってます。例えばきわの父親も店の経営からなにから娘に任せっぱなしのくせに「奥さん死んだんだからこれで縁付ける」というようなアリサマだし、きわの妹にしても「縁付いてくれたらこっちにも援助してくれるでしょ?」と打算アリアリ。竹村の娘も父親の不倫を知っていながらきわを値踏みしているような感じだし、彼女の事を本当の意味で思いやってるのは画学生岡本(抽象画を描くという設定で名前が岡本五郎っていうのもなんか舐めてんなとは思いますが)くらいというテイタラク。 山本富士子を狙う近江屋もお前の品よりお前にしか興味ないといわんばかりのセクハラ三昧で、挙げ句にアテが外れると、染め物組合での宴席上でありながら、きわを罵倒しまくる。これが一応コミカルに描かれてはいるものの、居合わせたお偉いさんが怒鳴りつけたりといったカタルシスを誘うシーンが一切なく、ただきわが退席して終了なので、後味悪いまま。まあしかしこの辺はわかりやすくてまだいいわけですが、問題はロマンスのお相手、上原謙。 上原謙は基本大根演技な人なんですが、年食ってかなり精彩に欠ける状態でそれなので、思わず「なんでこいつをチョイスしたの?」と口に出かかりましたわい。あんなしょぼくれたジジイに惚れる意味が分からんのだけど、たぶん「それも含めての」キャスティングなんだろうなと推測。男の無神経さを(無意識的に)よく表現していました。初セックルシーンの後、山本富士子が「こどもがうまれても、わたしひとりのことにして、育てます」と突然のシングルマザー宣言(この言葉によって彼女が処女だったことを匂わせる)をいたすと、眉根にしわ寄せて思いっきり「え”!?」とつぶやく。そして決定的なことに触れない/いわないまま、「もうすぐ…」だのと無神経極まりないことをいう。そう、上原謙は山本富士子に別に言い寄らないんですよ!煮え切らないまま状況に流されました的な態度を崩さない。男のずるさ全開なんですな。そりゃ山本富士子じゃなくても愛想つかすってなもんで。 山本富士子はもうこの時点(1956年)で結構太り始めてて、昔は綺麗だったけど今はまあ面影があるわなあというような生活感がよくでてました。京都育ちを生かした京都弁も違和感無く、初期の大根感が払拭されてますた。悲恋によよと泣き崩れるよりは、一人たたずみ、えいやあと染め物を絞り上げる姿が似合う。そういう意味では新時代の、ひとつの象徴的な姿かもしれない。 映画全体で見ても吉村公三郎初カラーだけあって、かなり実験的。レストランで竹村ときわが会話するシーンをテーブルに飾られている花のカットバックであらわしたり、二人の初セックルシーンを照明を落とし、影絵のような状態で表現したり、とオモシロいことをやってます。しかし度肝を抜かれたのはなんといってもラスト。まさかメーデー見物シーンで終わるとは。一応伏線はあって、物語の中盤で「メーデーやってますよ!」と職人に声をかけられたきわは「そんな子どもっぽい」と一蹴するんだけど、ラストは気ぜわしく突っかけを脱ぎ捨てるようにして二階に上がり、職人と二人、食い入るように見ているところでジ・エンド。冒頭で唐突に職人が「労働基準法に則してない」ときわの店を詰るシーンがあったりと、なんでこんなに「ヒダリ」っぽく作ったのか今ひとつわからないんだけど、「近代化」と女性の自立を表現したのかなあとぼんやりと想像しました。 見た後、一緒に行った人と「溝口なら、小津なら、木下、あるいは成瀬ならどうこのストーリーを表現したか」という話題で盛り上がった。傑作とは言い難いんだけど、なんか心に引っかかるフシギな映画でございました。

夜の河 [DVD]

夜の河 [DVD]

 


またしても生まれたわけですが [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

どうも俺ちゃんです。

いよいよ30代後半になってしまいました。で、まあそんな誕生日の夜を俺はオンリーザロンリーですごしているわけでございます。(自宅近くの保健センターで野暮用があるのだ。)

今年は子供が生まれてそのあと大震災、原発事故…自分としても世界としても激動だったなあと思いつつ、子育て環境は順調に景気よく悪化中。その中でどうやって自分の子と向き合って育てていくか。そんなことを考えざるを得ない日々でした。

今日はなんだか冷え込んでいる。こう冷え込んでいると、2月、そろそろ生まれるかなというとき、駅から自宅までのちょっとした距離を夫と「うんとこどっこいしょ」の話をしながら、歩いていたのを思い出す。手を引いて歩いてくれた。その暖かい感じは、今でも、体のどこかに残っている気がする。

妊娠中は喧嘩して真夜中、自宅から実家まで歩いて帰ったりしたけれど、子供が生まれて、三人、川の字で寝ていると、ふと夫が「なんだか何十年も一緒にいたみたいだね」と声をかけてきた。私もそういう気がしていた。私は不器用でいいたいことをすぐ口に出してしまう性分だから、夫にもたくさん迷惑をかけたと思う。それでもこうして「何十年も一緒にいる感覚」を共有できているのが、とてもありがたく、嬉しい。

10/4は私の誕生日であり、入籍した日でもある。結婚出産と二人だけではできないことだらけだった。人とのつながりのありがたさを思いつつ、またこれからもよろしくお願いいたします。


5ヶ月経ちました [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

息子(仮称おにぎり)が誕生して5ヶ月が経ちました。

生まれて一週間後にあのような大震災があり、子供の成長と震災の復興が重なるということにどこか運命めいたものを感じながら、過ごした日々でした。

初めての子育てはわからんことだらけでひたすら手探りで、なにがこの子にとってよいのか模索し続け。夫はほとんど毎日日付が変わる頃帰宅する状況なんですが、それでも子供の世話を一生懸命取り組んでくれてます。そういう意味では、実家も頼れるし、恵まれてるなーと実感。

しかしおにぎりは成長が早いようで、ハイハイしてたと思ったら、もうつかまり立ちして、さらには歩く練習すらしてます。休む暇がない…最近は夜中も2~3時間おきに起こされて眠れず、夏疲れもあって、体がダウンしてしまってますわい…。(完全母乳を目指してたけど最近は夜ミルクをあげたり)体が回復する前にどんどんおにぎりが先に行ってしまう感じだ…。もう少しゆっくり成長しなされと諭し?たりしてます。

ありがちですが、成長は、早くても遅くても親は気になるんですねえ。体はイマイチ、そして、産後鬱も時折発作的にひどくなる、特に夜中授乳に起こされ、そのあとねむれなくなったとき、しみじみ「死ぬのが怖いなあ…」「これからどうなるんだろう」と暗い淵を覗き込んだ様に、暗澹として、眠れなくなる。怖くていてもたっても、いられなくなる。

それでも子供の、なんてことない寝顔を見てると、明日がなんとか無事にくることを祈らずにはいられない。そうしてようやくねむれる。一日が終わってくれる。

ダロウェイ夫人のラスト、隣人の老婆の、穏やかな一日の終わりを眺めて、ダロウェイ夫人は生への希望を取り戻す。ああいう風に私も子供との生活で生きる力を取り戻しています。

 IMG_0811.jpgIMG_0814.jpg


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。