So-net無料ブログ作成

人権なんぞオマエラに保護してもらわんでもええ! [たまには真面目に語ってみる(コラム)]

※追記したので再掲載します。

人は「神」の奴隷になりたがっている、とはSF作家山本弘氏の名言だけれども、実際に「奴隷」にしかねない法案が、我々の頭上に降臨するために審議されている。(先送りには“一応”なったけど)

デストピア。ユートピアの反対。小説「1984」のような徹底管理された社会。思想は統一され、批判は許されず、ノートに思いのままを綴ったというだけで政府の役人に拘束された“私”は「1」を「2」といえと強制され拷問をうける。
そんな世界は日本と全く関係ない、絵空事だとお思いだろうか?
これはやがて現実になる可能性が高い。

よくわからない方にデスノートで人権擁護法案を解説したものを↓
・ http://n.jeez.jp/note/src/1110535459724.jpg

すでにいろんな方がSo-netブログ内でも記事にしてらっしゃいます。

3月18日は花粉の日/人権擁護法案と道交法
http://blog.so-net.ne.jp/feline-amenities/fuckyoualljapaneseredneck

世紀の愚案(人権擁護法案)
http://blog.so-net.ne.jp/arlik/2005-03-15

人権擁護法の裏
http://blog.so-net.ne.jp/takamori/2005-03-13

平成版治安維持法?
http://blog.so-net.ne.jp/MyCometG3/2005-03-09-1

人権擁護法案反対
http://blog.so-net.ne.jp/hina/2005-03-16

人権パラノイア
http://blog.so-net.ne.jp/hina/2005-03-17

この運動を強力に推し進めているのが部落解放同盟というのは本当だろうか。松本治一郎氏を尊敬する私としては信じたくないが。しかし松本翁が亡くなってから解同が利権といった部分に食いつくようになってしまったように思われる。

■ 現在の情勢

人権擁護法案、与党懇話会に差し戻し

政府が今国会で再提出を目指す人権擁護法案をめぐり、自民党は18日、3回目の法務部会・人権問題調査会合同部会を開いたが、賛否が分かれ党内了承を見送り、与党人権問題懇話会(座長・古賀誠自民党元幹事長)に法案を差し戻した。自民党法務部会でも並行して議論する。

 今国会での成立を強く求める公明党は、自民党部会で提案された「人権擁護委員に国籍条項を設ける」「メディア規制条項の削除」などの修正案に難色を示している。古賀氏は、公明党と連動する形で巻き返しを図るとみられる。

 古賀氏「福岡2区の補選(の選挙協力)も含めて公明党と話はついている。何とか国会の場に議論を移してほしい」

 安倍晋三幹事長代理「言論の自由や政治家の信条にかかわる法案だ。強引に党内の議論を押さえ込むのは不可能だ」

 この日の自民党合同部会が始まる2時間前、法案づくりを主導してきた古賀氏は慎重派の安倍氏と会談。1時間20分間の押し問答でも意見は一致しなかった。古賀氏は「法案を国会に提出しなければ、公明党の選挙協力が得られなくなる」との考えをにじませた。

 合同部会で、終盤になっても結論が出ないことにいらだった古賀氏は、慎重派の発言をさえぎるように「お願いがあるので聞いてほしい」と切り出し、「今までの議論を与党人権懇に持ち帰りたい」と提案。これに対し「自民党のレゾンデートル(存在意義)にかかわる問題だ。引き続きここで検討すべきだ」(古屋圭司党改革実行本部長代理)との異論が相次いだが、古賀氏は「与党人権懇が持ち込んだ法案だ。誰も一任させろとは言っていない。私の人権を守らせてくれ」と声を荒らげて押し切った。

 【2005/03/19 東京朝刊から】

http://www.sankei.co.jp/news/050319/sei048.htm より(太字筆者)


しかしマスコミはかたくなに報道しないですね。かろうじて朝日が法案賛成派として立場を表明しているくらいだろうか。メディアで反対しているのは産経ぐらいだと思われる。結局古賀氏は選挙対策、解同票と創価学会票を狙って法案設立させたのではないだろうか。(太字の部分を読む限り)

こんな風になることはないよ、と大半の人は思うだろう。しかし戦前、治安維持法が導入された際、多くの国民が同様に思っていたのではないだろうか。この法案は拡大解釈などできる余地がある。疑わしきは排除だ。拡大解釈をして憲法9条をないがしろにしてきたのはどこの政府だろうか。

これは「人権擁護法案」などではない。けっして。羊頭狗肉どころか、甘いお菓子と思って食べたら青酸カリの塊だった、ということにもなりかねない。人権擁護などと古賀誠や山崎拓などに主張されたら、墓場から松本翁が甦りかねない。こんな法案は絶対阻止すべきである。

※3/22追記

■ 念のため補足。人権擁護法案の問題点。例えば第二十二条の「人権擁護委員は、人権委員会が委嘱する」という箇所。これの「3」で指摘すると

3 市町村長は、人権委員会に対し、当該市町村の住民で、人格が高潔であって人権に関して高い識見を有する者及び弁護士会その他人権の擁護を目的とし、又はこれを支持する団体の構成員のうちから、当該市町村の議会の意見を聴いて、人権擁護委員の候補者を推薦しなければならない。

人格が高潔ってどうやって判断するのか、文化勲章受章者?カーティス・ルメイだってもらっているぜ、などというアレはおいておいて、「又はこれを支持する団体の構成員のうちから、」という表現はなにを意図するのでしょうか。
  

■ たまゑさんの記事に対するコメントで『朝日新聞は人権擁護法案に反対する記事を掲載した』というご意見がありました。では本当に朝日新聞は反対しているのか。
3/18付け社説 http://www.asahi.com/paper/editorial20050318.html をご確認いただきたい。私もソースを提示し忘れておりました。大変失礼しました。

■ マスコミは報道しない、という点ですが、調べた限りでは琉球新報2/6付け社説がいちばん早い報道のようです。地方紙が抜けておりました。大変失礼いたしました。お詫びの上追記として記載いたします。元の文章は変更いたしません。ただ諸地方紙が報道し問題とする部分は、メディア規制箇所のみとなっており、この点は不満です。

■ それと以下に人権擁護法案について法務省のQ&A、法案原文などを提示します。よろしければご一読ください。

法務省によるQ&A http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken83.html
人権擁護法案(仮称)の大綱 http://www.moj.go.jp/PRESS/020131-1.html
人権擁護法案原文 http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g15405056.htm

■ 現在の主な推進政党と反対政党を列挙いたします。

【人権擁護法案賛成政党】自民党(党内には根強い反対意見あり)、民主党公明党

【人権擁護法案反対政党】共産党社民党


■ そして「人権擁護法案問題を取り上げたサイトのオーナー様に10の質問」というTBをうけました。こちらで返答いたします。

1、3/11付け産経新聞コラム正論(執筆者 西尾幹二氏)

2、3つともあります。ついでに言えば電凸された方と法務省担当者とのやりとりと「される」ものも確認いたしました。

3、差別主義者ではありません。そもそも差別主義者というのはなにについての差別でしょうか?ちなみに赤ら顔のオヤジには近づかないようにしてます。レイシストかもしれません。

4、差別のない社会は望みますが、完全な平等社会は望め「ない」と思います。個々人の個体差能力差があるので、なにもかも平等にとはできないと考えております。例えば「平等に」室伏選手とハンマーで勝負したいとは思いません。大変申し訳ないのですが、差別の定義があいまいです。なにについての「差別」ですか?会社が学歴によって新卒採用者を選抜するのは「学歴差別」になるのでしょうか。あるいは経験者優遇というのは「初心者に対する差別」でしょうか。

5、なにについての差別主義者かわからないので回答保留にします。例えば、出身地、国籍、肌の色等先天的要因で就労、居住地その他制限をする人間に対しては間違っていると認識します。ですが、くだらんダジャレを連発する人間には容赦なく差別します。

6、てんこもり野郎氏のその言葉は韓国朝鮮人に対して侮蔑発言を行っていると、管理人氏は認識されるのでしょうか。文脈上の問題もあるでしょうし、その言葉だけ抜き出して「レイシスト」というのはそれこそ誤認を呼ぶものと認識します。例えば私が仮に「チョン公という言葉はやめるべきだ」と書いたとして、貴サイトに“「チョン公」と発言するような瑠璃子氏が人権擁護法案に反対しています”と書かれたらどうなるのでしょうか。恣意的に抜書きし、もってバイアスをかけるのはどうなのでしょうか。

7、嘘、デマとされるなら、××だからデマだ、という××の部分を提示されなければミスリードを呼ぶだけだと思われます。まず嘘だと称される理由をお書き願いたい。

9、パロディだと認識しております。

10、断固、反対です。

【お読みになった皆様へ】

※とにかく西尾幹二氏の意見と共産党が同意見であることなんて滅多にあることじゃありません。この法案に賛成であれ反対であれ、いろんなブログ、サイト、官公庁からの情報を元に自分自身の考えを記事にしてみたらどうでしょう。政治的に何かを考えるって悪いことじゃないと思います。記事にしたら是非トラックバックください。ラディカルになることもたまにはいいものです。

※追加記事upしました。
    人権擁護法案の問題点http://blog.so-net.ne.jp/pussycat/2005-03-23
    法務省に電話した様子http://blog.so-net.ne.jp/pussycat/2005-03-24-1


nice!(10)  コメント(49)  トラックバック(15) 
共通テーマ:ニュース

nice! 10

コメント 49

たくぼん

だめじゃん。
by たくぼん (2005-03-19 11:49) 

瑠璃子

>総帥
なんていうか8さんも言ってたけど、コンナ法案作るような人たちを選んだのは我々なんですよね…。移住しますか…。あたしゃ法案反対ビラ配りにいってこようかな。
by 瑠璃子 (2005-03-19 11:51) 

たくぼん

腹いせに赤旗でも取ろうかしら。
by たくぼん (2005-03-19 11:54) 

たくぼん

もしくは腹いせにカラオケで「ありがたや節」でも歌うとか。
*このうたは某学会を揶揄した歌だそうです←また聞きなので未確認情報扱プリーズ
by たくぼん (2005-03-19 12:07) 

瑠璃子

>総帥
もうとっていたり…w
ありがたや節かぁ。なるへそ。まあともかく未確認情報りょかいです。
もうこうなったら平成のええじゃないか「マツケンサンバ」でも唄って踊り狂いてしにゆかん、です。カラオケっすよ。カラオケ。ミッチェル帰ってきたら是非いきませう。
by 瑠璃子 (2005-03-19 12:11) 

hina

To 瑠璃子さま
 トラックバックありがとうございます。
 解同と利権との関わりですが、敗戦後の下剋上による不逞鮮人の跋扈と同調して表に出てきているような気がしますね。その後、穢多・非人も鮮人も極左テロ集団に取り込まれてしまって、今では解同と革労協との区別が一般人には付かなくなってしまっていますが。
 私のような空ヲタには、部落も鮮人も一様に邪魔なので、とっとと排除して欲しいんですけどね。特に、RJOOやRJFFの周辺など。RJAA周辺については、ヘタレ県知事から取り替えないとダメなんですが、森田健作がズッコケて手詰まりですorz
※空港名を直で書くとアレなので、空港コードで書きました。ぐぐれば0.3秒で出てきます。
by hina (2005-03-19 13:36) 

黄泉若宮

「ありがたや節」(藤沼伸一)[http://www.smileys.co.jp/sh ibayamasakushi5.html#Anchor159 410 ]

是ですか?
by 黄泉若宮 (2005-03-19 14:25) 

瑠璃子さんに記事にしてもらうと、もっとこのことを知る人が増えますね。

別にガイジンさんが悪用するなんてレベルにとどまらず、某宗教団体とか某学会とか某地方住民とか、いくらでも刃物を振り上げられちゃう。
やっぱり、怖い法案です。皆さんで情勢に注意して見守っていきましょう。
by (2005-03-19 14:30) 

iloveu

はじめまして。
いつも読ませてもらってます。
「1984」、小説だと面白かったのですが
映画は ちと微妙でした。

余談になりますが、 瑠璃子さんの記事を読んでいると 大江健三郎の 「個人的な体験」に出てくる火見子の姿がパッと浮かんでくるんですよね…
って、記事と直接関係無い話ですみません(汗)
by iloveu (2005-03-19 15:57) 

アキオ

憲法違反ちゃうのかなぁ。。それ。
司法以外(裁判所)の判断以外の最終決議機関は認められない、ってのは
憲法にあったと思いますが。
ココは、違憲立法審査の手を考えないといけませんね。。
法律は憲法の下にあり、ですよ。
イイ様に解釈して来た歴史が長過ぎたんだな、キット
by アキオ (2005-03-19 17:51) 

アキオ

トラックバック、しつれいしや〜すm(_ _)m
by アキオ (2005-03-19 19:57) 

FD3S

はじめまして。
黄泉若宮さんの所から、参りました。TBもさせていただきました。
ところで、解同はこの法案の中枢にいるようですね。
もともとは、言われなき差別からの脱却に真剣に取り組んでいたようですが、
いつの間にか利権団体になってしまったようです。
ただ、解同だけではなく、野中広務の影響力が強いのかもしれません。彼は、自身が被差別部落出身ということを、京都府議時代から喧伝し始めて中央政界へ進出しています。また彼は総連系とも深いつながりがありますし、公明党(外国人参政権推進派)にも顔が利きますので、その辺の利権を掌握しているんだろうと思います。影のフィクサーとして古賀誠を動かしてるのかなと思います。
いずれにしてもこんなにケチのついた法案は速やかに廃案にして欲しいものです。長くなってすみません。
by FD3S (2005-03-20 01:41) 

TBさせて頂きます。いてもたってもいられなくなってしまったので。
by (2005-03-20 07:13) 

shibakichi

日本が乗っ取られる気がしてなりません。
弱者のふりしてるあいつらに・・・・、
by shibakichi (2005-03-20 09:56) 

瑠璃子

>hina氏
交通安全で有名なあそこの近くのアレですね。りょかいです。
別に個人的には韓国・北朝鮮・中国などに恨みもなにもないです。チミは相変わらず過激だなう。ただ無闇に特定個人に対して権力を与えてしまう。それはどうかと思うのです。ある意味アパルトヘイト的ではないかと思うのです。大げさかもしれない。でもそういう余地があるなら排除すべきです。なんとか廃案になればいいけど…。
>黄泉若宮氏
ごめんなさい…みられなかった、それ…。でも一部そう言う噂が流れたから発禁なんでしょうか。いろいろと気になります。TBありがとうございます。感謝です。
>MyCometG3氏
例えばこの法案に反対するということ=人権擁護反対、レイシストじゃないんですよね。そこが間違って欲しくない。左の人にも右の人にも、言論の自由が与えられなくなる恐れがある。それが客観的な見方で規制されるのか?というとそうではない。事実共産党と社民党は反対を表明してますね。ごりごりタカ派の安倍幹事長も。左も右も反対している。では、誰が賛成しているのか。施行されたら風流夢譚事件よりもっとひどいことがおきるような気がします。
>imakeiさん
はじめまして。いつも読んでくださりありがとう。大感謝です。
1984の映画チラッと見たことがあるような気が…。覚えてないってことはそれだけの出来ってことなのでしょうが。ちなみに大江健三郎は飼育、フットボール、雨の木を聴く女たちしか読んだことないっす。連想させるか…ううむ読んでみようかな。またいらしてください。TBありがとう。多謝です。
>アキオ氏
いろんな意味で憲法と矛盾します。なんでこんな法案が必要なのかもわかりません。もっとよい法案を作り直した方がいいと思うのに…。でも8さんもいっておられたが、結局こんな議員を選んだのは私たちなんですよね…。非常に腹立たしいです。TBありがとう。たすかります。
>FD3Sさん
はじめまして。ようこそです。松本治一郎氏は亡くなる間際まで「利権とからんではないけない」と言い続けたそうです。だが結局食いついてしまった。元々野中氏が法案を作る約束をしたそうですね。彼の引退でご破算となり、それを引き継いだのが古賀誠氏でしょう。私としては野中氏は非常に計算の上手な方だと思います。あれだけ多数派工作などいわゆる“田中式自民党政治”を得意としてらしたのに、今じゃすっかりリベラリストですものね。TBありがとうございます。
>4-kemo-9氏
ありがとう。もうこうなったら地道に運動を続けていくしかないっすね。共闘サンクスです。
>shibakichi氏
本当の弱者は保護しなきゃならないと思います。しかし弱者とは誰が決めるのでしょうか。名乗りをあげたもの勝ちですか?と思いました。水平社精神はどこにいったのか…。
by 瑠璃子 (2005-03-20 23:08) 

アキオ

記事はそのまま、日付を変更、という「ミョウチクリンな工作」をするヒトが
ココの住人に存在するようですが
そう言うヒトにも、こう言う運動に参加して欲しいわ☆
by アキオ (2005-03-20 23:31) 

瑠璃子

>アキオ氏
そうそう。たまにはそういう使い方しても、ねえ…w
なんか必死だとアレだと思われるんじゃないかと心配な面もあるけど
でもちょっと頑張らないと。なんとか廃案にするためには少しでも世論にこの問題を知らしめないといけない。マスコミが黙っているならネットでガンバらねえと…。
by 瑠璃子 (2005-03-20 23:48) 

黄泉若宮

"「ありがたや節」(藤沼伸一)"でグクれば2番目に出てきます。(So-net Blogのbugか仕様でURLに無駄なspaceが混入していた。)

> 必死だとアレだと思われるんじゃないかと心配な面もあるけど

吾は既に思われてるでしょうね。

> 法案に反対するということ=人権擁護反対、レイシストじゃないんですよね。そこが間違って欲しくない。

逆なんじゃよな。人権の事を真剣に考えれば、「反対せざるを得ない」のじゃから。
鈍重な腰を上げたNHKの報道を見る限りでは、間違いますな。(怒)
じゃが、岡田氏の云うように、(岡田氏とは違う意味で)首相には本当に"指導力"を発揮して頂きたいものじゃ。

余談
> 結局こんな議員を選んだのは私たちなんですよね…。

"日本国憲法 第15条 4項"と反論してみる。
by 黄泉若宮 (2005-03-21 01:01) 

たまゑ

TBさせてください。
私みたいな、ガキんちょが分不相応なこと書いちゃいました。
by たまゑ (2005-03-21 16:48) 

こんにちは。トラックバックありがとうございました。
ちょい出張でレス返せませんでした。すいません。

公明党がメディア規制うんちゃらの削除に反対っていうのは、笑えたり笑えなかったりですね。文春とか新潮とかしか宗教団体に反抗できないメディアなのに(新聞は広告関係で楔を打たれてる)その運動さえ封じ込めようっていう流れはどうなのかなと思いますね。『邪魔だからとっちゃえ』っていうのはゆくゆくはファシズムとかオウムとかと一緒になっちゃうんじゃないの?な~んて思ったりします。
by (2005-03-21 22:35) 

追加でTB返ししました。
by (2005-03-21 23:11) 

やはり、権利と言う甘い汁に群がってしまうんでしょうね。
実家のある町には、いわゆる「部落」というものが2箇所もあって、よく親父が
「やつらは先祖が昔受けた扱いをタテに、自分たちは良い暮らしをしている」
と常々怒りをもって話していました。「部落開放同盟」で思い出す話です。
ちょっとその件とは無関係にTBしてみましたm(_ _)m
by (2005-03-22 00:12) 

瑠璃子

>黄泉若宮氏
そうそう。人権に対しきちんと考えるとやはり法案には反対せざるを得ないと思うのです。もし「そんな事態にならないよ」という人がいたら教えていただきたい。もしあなたが1980年に20歳だとして「今から15年後に宗教団体がクーデターを夢想し地下鉄にサリンを撒き無差別テロをするよ」といわれたら信じられただろうか。あるいはバブル絶頂期に「これから日本は長い長い不況になる」といわれて信じるだろうか。以上はどなたか(名前失念しました)の言葉からの引用です。同様にこの法案が成立したらこんなことになるよ、といわれて信じなかった、そして恐れが実現…しないために、反対運動を続けたいですね。
で、条文ですけど、確かにそう。選挙民は責務をおわない。でもそれでいいのかな、と。まあ騙される場合もあるからなんともいえないけど。個人的にはこんなところにも八つ当たりしたい気分です。日本の政治は絶望的です。
>たまゑ嬢
読ませていただきました。私なりの意見を書きました。ただ非難ではないです。個人的にマイナスととられる部分があればせっかくのよい文章も台無しだと思ったからです。参考にしていただければ幸いです。つまらない意見ですみません。
>yasuhitoさん
お疲れ様です。コメントありがとうございます。
しかし公明党はなぜ外国人参政権に賛成なのでしょうか。世界でもそんなことを行っている国はないと思うのですが。
>MyCometG3氏
ありがとう。コメントしました。
>うずまき氏
コメントTBありがとうございます。ただ個人的にはお父様のお話には賛同しかねる部分もあります。ただ、被差別者だったからといって差別者になるのはどうかと思います。それは、真の平等なのでしょうか?それは立場がすり替わっただけではないのでしょうか。
by 瑠璃子 (2005-03-22 15:36) 

がはく

これって、なぜ作ったかはどうも、政治家の内部告発防止して
自分たちの都合の悪いことをもみ消そうってことが、目的だって聞いたことあるけど。聞いてて納得できるとこあるけど、9割は納得いかない政治家オナニー法案だね。最近の政治家は法律と税金を私物と勘違いしてますから。
これって、日本が平和すぎる代償なのかもね・・・。平和ボケ、危機意識不足。
by がはく (2005-03-22 17:32) 

アキオ

うひー、やっぱ違憲審査、、だぁ。
でも、法律として制定されてないと、できないんだっけ。
by アキオ (2005-03-22 19:35) 

度々失礼。
親父の話は「部落開放同盟」という言葉を見て思い出したので、書いてみただけです。もちろん、一個人としては釈然としない事がありますし、決して賛成している訳ではありません。
「無関係にTB」という言葉はそんな意味を込めて使ってみました。
ただ、立場のすり替えで逆差別(という言い方が正しいかどうかは別として)している人もいることは事実です。
実家の近所に住む方がまさにそのような方でした。残念ながら、小学校の同級生というつながりで親同士も交友関係を持っていたのですが、同時に相当な嫌悪感を持っていたことも事実です。
…と書いているうちに虚しい感じがしてきました…悲しいですね。
by (2005-03-22 22:56) 

黄泉若宮

> 10の質問

完全な法案の設問集ではないので真面に答える気にも為らないのですが……。
6の設問だけで、何故Koreanに対してだと判ったのか疑問なのですが、伺っても差し支えないでしょうか。
by 黄泉若宮 (2005-03-23 02:30) 

瑠璃子

>がはく氏
ザル法案もいいとこです。しかしなんでしょうか、コレ。法案は変なトコだらけです。政治家によるある特定団体への配慮に満ちた法案ではないでしょうか。
>アキオ氏
違憲審査よりもこの段階で潰したいですね。
>うずまき氏
失礼なことを申し上げて、大変申し訳ありません。
ごめんなさい。ご気分を害されたら、どうかお許しください。
問題はおっしゃるとおり「逆差別」(糾弾闘争といった)などがありますよね。その意味で私も「被差別者が差別者になることが真の平等社会なのか」と書きました。虚しいです。この問題は。
>黄泉若宮氏
TB元のblogコメント欄をお読みになるとおわかりになるかとぞんじますが、他の方、あるいはご本人から「文章の趣旨を読むように」との指摘がありました。指摘されたblogを読むと、該当の質問がある特定部分の抜き書きと判断できましたので、上記内容にした次第です。TBいただいたblogはかなり恣意的な文章ということがご理解いただけるかと。6の設問を読んだだけで解答したわけではありません。
by 瑠璃子 (2005-03-23 09:41) 

hina

To 瑠璃子さま
 たまゑちゃんのブログで私の発言を引き合いに諍いを起こしてしまい、申し訳ありませんでした。向こうでは既にコメントストップとなっているので、こちらで発言する事とします。

>匿名M氏
 何故、私が「部落」だの「鮮人」だの言うのか。それは、彼らが被差別部落民であり、または在日朝鮮人である事を盾に取っているからです。そして、1922年に創立された全国水平社の本旨に悖り、逆差別を受ける事を当然としているからです。
 勿論、このような被差別部落民や在日朝鮮人は、全体から見れば極めて少数でしょう。そして、他の大多数の被差別部落民や在日朝鮮人は、倭人(「日本人」という言葉には語弊があるのでこう書きます)の生活に自然と溶け込み、お互いに「部落」だの「在日」だのという事は気にしなくなっています。実際には、私の住んでいる周囲にも、元被差別部落は存在し、在日朝鮮人も数多く住んでいる事でしょう。しかし、私はその事を気にした事などありませんし、誰が「部落」や「在日」であるかを知ろうとも思いません。自分の生活に何の影響もないからです。
 私は、一般社会に大きな迷惑を及ぼさない限り、「部落」だの「鮮人」だのと罵る心算はありません。しかし、空港建設などの大型公共事業となると、何故かそこに巣喰う連中が出てくるんです。そして、「部落」「在日」を盾にして、或いはそのタブーをちらつかせる事により、不明瞭な会計を発生させたり、事業の完成を不当に遅らせたりしています。そういう過去の差別やそれに関するタブーを「武器」として使う連中を、私は罵ります。彼らが盾にする「部落」「在日」というネタで。

 もし、私が言っている事が決め付けだというのなら、ご自身で都市部にある空港の周辺地域を歩いてみて下さい。或いは、空港周辺にある不自然な国の借地を探してみて下さい。尤も、その調べた結果を悉に公表すれば、それこそ「差別だ」と言われかねませんけどね。
by hina (2005-03-23 12:54) 

hina

トラバぶち込みました。
私なりに10の質問に答えてありますので、暇な時にでも。
by hina (2005-03-23 18:02) 

匿名M

> 瑠璃子さん
非常に残念ですが、たまゑさんがコメントの受け付けを拒否なさり、記事もコメントも削除なさってしまいました。瑠璃子さんからのお誘いもありましたので、たまゑさんに向けた内容も含めて、こちらにてコメントさせて頂きます。
> たまゑさん
たまゑさんには、本当に嫌な思いをさせてしまったようで、申し訳ありませんでした。前回のコメントをする前に、たまゑさんの過去記事をいくつか拝読しました。たまゑさんのような人にこそ、正しい意味での人権や差別問題、そして今回の法案の問題点を理解して頂きたかったので、悩んだ末にあのようなコメントを致しました。しかし、残念ながら、私の判断は、たまゑさんを萎縮させてしまっただけのようです。本当にすいませんでした。
今後のご活躍を影ながら応援させていただきます。
> 瑠璃子さん
朝日新聞の記事と社説をどう捉えるかという点で違いはあったものの、今回の法案に反対する立場では、私と瑠璃子さんとの基本認識に大きな差があるとは思えません。追加情報と新たな記事を拝読いたしましたが、瑠璃子さんのこの問題に取り組む真摯な姿勢、そのご意見のほとんどに賛同いたします。もはや私との間に議論となるべき大きな問題が残されているようには感じられません。
しかし、1つだけ気になる点があります。瑠璃子さんとは建設的な意見交換ができると感じておりますが、自分の差別意識を正当化し、ウソを並び立てて差別や偏見を助長するような発言を繰り返すhinaなる人物です。とても人権や差別問題の本質を理解できるとは思えない人物と、私は議論する気さえおきません。瑠璃子さんは彼のブログの読者のようですし、彼の発言を問題だとは思わないのでしょうか。他のブロガーたちも、なぜ彼のような発言・主張を批判せず、放置するのでしょうか。
「法案が施行されてもされなくても、結果は同じ」と言いながら法案の反対を叫ぶ彼のような人こそ、今回の法案に真面目に反対する人たちの足を引っ張る行為で、荒らしの類よりも悪質だと思うのです。
by 匿名M (2005-03-23 20:53) 

なんだか気分を重くさせたみたいで、すんませんm(_ _)m
言葉の行き違いは良くあることです。
まぁ、言葉尻だけを捕らえて文句ばかり言う
某政治家さんみたいにはなりたくないですね。
by (2005-03-23 23:21) 

...Mさん。

これだけ「匿名のままで」あちこちに書き綴るのは、正直どうかと思います。ましてや直前のこの書き込みは穏やかではありません。しっかりしたご自身の意見をお持ちのようですから、自分の記事をどんと書いて、ばしっとTB叩き付ければよいのではないですか?自分のblogを開くのはすぐ無料で出来るのですから。

So-net blogは夜止まるのであまりお薦めしないですけど。
by (2005-03-23 23:40) 

わらばー@見ッチェル

>匿名Mさん
はじめまして。私はこの記事については初めて書きこみますが、
上記のMycometG3さんのおっしゃるように、ご自身のブログを
開設して意見を述べてはどうでしょうか。もし誰か第三者の言動を
問題だと思うなら、自分のブログでそれを記事にして読者の賛同を
つのればよいと思うのですが。あるいは少なくとも、両者のコメントを
読む限り、冷静な議論も可能なように思いますが。
by わらばー@見ッチェル (2005-03-24 02:18) 

わらばー@見ッチェル

>瑠璃子氏
>>いろんな意味で憲法と矛盾します
これを機会に君も護憲派にな ら な い か ?w
by わらばー@見ッチェル (2005-03-24 02:34) 

hina

To 匿名Mさま
 別に、あなたが議論を拒否するのであれば、私は敢えて追い掛けるような事をしません。ただ、公衆の面前で私を批判する以上、その根拠を示して下さい。私の発言におけるウソであるとか、「人権や差別問題の本質」であるとか。それがなければ、他の人も議論に参加できない事でしょう。
 序でに言うなら、私が考える「人権や差別問題の本質」は、取り敢えずカネと地位とを寄越しておけばいいやというお座なりな同和政策と、その同和政策に甘んじて集り屋と堕している部落解放同盟、それを追認している大多数の無関心な大衆にあると思っています。そして、昨今その歪んだ同和政策が、あちこちで破綻を来しているのです。その代表例が、関西における3空港問題であると、私は考えています。
 議論したくないのなら、それで構いません。ただ、事実はしっかりとご自身の目でご確認下さい。事実に目を閉ざす限り、あなたの言う「人権や差別問題の本質」は見えてこないはずです。
by hina (2005-03-24 10:06) 

瑠璃子

>hina氏
意見ありがとう。逆差別は「糾弾闘争」というカタチで死者までだしているといわれています。被差別者が差別者になることをもって差別問題は終了となるのか、と思います。
>うずまき氏
いやいや。雰囲気重くしてなんかいないっすよ。まあ気軽にやりましょう。つかみかん星人のアイコンだけでかなりなごみますニダ…ってあれ?w
とにかく官僚答弁のように言葉を操って終了とはしたくないですね。
>G3氏
So-net blogのエラー癖はなんとかしてほしい。おちおちTBもおくれやしないw
>みっちぇる
だいたいこの間は相撲の美は尻かまわしかであんだけ討論したのにまだ…。本当に相撲が好きなんだな。きっと相撲取りに愛着を感じておるのだろうw
(↑嘘です)
正直みっちぇるとはことごとく意見が対立するし、論破することもされることも目的としてないから延々と3時間話し続けるとかよくあるんだけど、この問題についてのアドバイスは参考になってますサンクスコ。私が礼をいうなんておそらく今世紀中にはないだろうからありがたく受け取るようにw
by 瑠璃子 (2005-03-24 11:00) 

瑠璃子

>匿名M氏
こちらへのコメントありがとうございます。私は自分のブログにコメントが増えることが嫌ではありませんし、コメント寄稿者同士で議論になることは私にとっても参考になることが多いので、大いにやっていただきたい。非常にありがたく思っているくらいです。
その上で私なりの意見を記載いたします。
私は「エデンの東」という映画が好きです。しかし監督のエリア・カザンは50年代の赤狩りの時、ハリウッド映画人8人を共産主義者と密告し、追放に一役買いました。ではだからといって「エデンの東」はつまらない映画になってしまうのでしょうか。
確かにhina氏は一読するだけでは「差別主義者」的な発言をすることが多々あるのかもしれません。私が彼のブログの読者なのは、彼はよい記事を書くからです。では彼がよい記事を書くと私が認めたら私は彼の差別的言辞について肯定していることになるのでしょうか。それとも肯定しなくてはならないのでしょうか。同様に私はこういうまじめな記事のほか、例えば精液のにおいがすきだ、アレは素晴らしいといった記事も書きます。それをもって、例えば私の人権擁護法案反対記事に賛同した人々は精液のにおいも素晴らしいと認めなければならないのでしょうか。w
ハナシがかなり尾籠となってしまい、大変申し訳ありません。
つまりはそういうことです。彼の立場と私の立場は違いますが、彼の言論の自由を奪おうとする人がいたら、私は全力で戦うでしょう。
匿名Mさまはさらに

>他のブロガーたちも、なぜ彼のような発言・主張を批判せず、放置するのでしょうか。

もし自分と違う意見だからと批判しなければならないのなら、それは私が批判しているどこかの特定団体が行っている「糾弾闘争」と同じものではないのでしょうか。間違っていると認識する人へ「自己批判・総括」を迫るのはまさしく同等ではないでしょうか。
他者の意見に対し、積極的肯定もあれば消極的肯定もある、同様に、積極的否定もあれば消極的否定もある。私は消極的否定は否定ではないとする匿名M氏の意見には賛同しかねます。
by 瑠璃子 (2005-03-24 11:25) 

黄泉若宮

愚問に回答感謝します。
ご指摘の通りcomment欄を読んだら在りましたね。全文に近い(或は其れ)ものを一読しましたが、Koreanが、と云うより人嫌いな気が……。
質問自体就いては、共食いして如何するのかと。

相撲の美はs……えっ嘘ですか。(然うか、嘘か。(ぐすん。)
by 黄泉若宮 (2005-03-24 13:38) 

瑠璃子

>黄泉若宮氏
そうそう。槍玉にあげられたブログ記事読むと単に人嫌いという印象しかないんですよね。だからちょっとアレは恣意的過ぎると。
私?私は相撲好きですよ。みっちぇるは土俵に太田知事をあげるべきだと主張し、私は相撲は伝統美であると主張。延々夜中の0時まで議論しました。黄泉さんも相撲好きですか?お、仲間が増えたw
by 瑠璃子 (2005-03-24 13:53) 

匿名M

> 瑠璃子さん
丁寧にお答え頂き、ありがとうございます。
「瑠璃子さんとは建設的な意見交換ができる」と思った私の感覚は、間違っていなかったようです。私も自分と正反対の意見を持つ人でも、その人物の言論の自由が奪われるようとするとき、全力で戦うでしょう。「エデンの東」のお話も大変よく理解できました。
しかしながら、「自分と違う意見だからと批判しなければならない」と、私の「意見に賛同しかねる」とおっしゃるのは、瑠璃子さんの誤読です。私の原文が誤解を招くような書き方だったかもしれませんので、書き直します。
私は瑠璃子さんや他のブロガーさんに、hina氏の意見に問題があると思わないのか、もし問題があると感じたのなら、なぜ批判なり建設的意見なりを彼に言わないのだろうかと、疑問を呈しただけです。瑠璃子さんを含めた皆さんのご意見を聞きたかったのです。私は異なる意見を持つ者は批判するべきだなどと書いていませんし、思ってもおりません。
焦点としたかったのは、単に異なる意見ではなく、自ら差別主義者と称する彼の発言に誤りや問題があるかどうかです。彼の発言に誤りや問題がない、むしろ賛成だと思われた人もいるかもしれませんし、「積極的・消極的・肯定・否定」という意見表明のあり方も、瑠璃子さんがおっしゃる通りだと思いますので、私の問いかけに答えない方々に対して、コメントの強要も非難もするつもりはありません。

本題から逸れてしまいますが、管理者の瑠璃子さんは、寄稿者同士の議論を歓迎なさる心の広いお方です。しかし、MyCometG3さんやわらばー@見ッチェルさんのように、自分のブログで議論すべきというご提案もあります。私自身は、コメント欄やトラックバックを開放しているブログである以上、万人にとってオープンなスペースであるべきだと考えていますが、常連でもなく、お仲間を批判し、場の雰囲気を壊す私のような存在を疎ましく思われる方々の感情も理解できます。たまゑさんの一件もありましたし、今後もこの場でコメントを続けるべきか、正直、迷っております。
by 匿名M (2005-03-24 21:36) 

今一度整理しましょう。コメントツリーが本題から大分ずれていることは認識しています。

今は、特定の記事記述についていうよりも、本題である法案の問題点をまとめあげてblogなりで訴えることのほうが、より重要と思います。
コメント欄を否定するわけではありませんが、お分かりのように、既に横道にそれてしまっています。
ご自身の意見をコメントで匿名で述べるのもひとつの方法ですが、まとまった形の意見表明として自身のblogを作り意見発信することは、さらに意味があると思います。
by (2005-03-25 00:57) 

hina

To 匿名Mさま
 もう一度だけ書きます。そして、これは警告です。
 私を批判するのであれば、その根拠を示して下さい。そして、「私は議論する気など起きない」と言いながら他人に批判を任せるのではなく、ご自身の言葉で、その批判意見を提示して下さい。根拠や理由なく、他人を名指しで批判し、剰え他人にまで批判を要求するようなやり方は、あなたが忌み嫌う「差別」そのものに他なりません。
 もし、現在以上の根拠を示さず、遠隔から私の批判を続けるようであれば、名誉毀損乃至侮辱による刑事告訴及び民事告訴を検討します。ご自身では「匿名」の心算でも、サーバー上にはしっかりと個人情報が記録されているという事を忘れない方がいいでしょう。
by hina (2005-03-25 10:38) 

NO NAME TONE NOKA

>しかし公明党はなぜ外国人参政権に賛成なのでしょうか

マスゲーとかよう似てた。

http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Ekokumin-shinbun/H13/1306/130626ikeda-naturalized.html
by NO NAME TONE NOKA (2005-03-25 16:54) 

匿名M

> hinaさん
「根拠や理由なく、他人を名指しで批判」と書かれていますが、hinaさんは、私が批判した理由をご理解なさっているものと思っていました。私がhinaさんを批判したのは、「部落も鮮人も一様に邪魔なので、とっとと排除して欲しい」という発言が理由です。最初に批判したときに、明記したつもりでしたが…。
私のこの批判に対して、hinaさんは逆差別する側の問題を書かれていますが、この時点で、私とhinaさんとのすれ違いが生じていました。もし、hinaさんが逆差別の問題や特定の団体に限定してコメントをなさっていたら、私もhinaさんのご意見を冷静に理解できたかもしれません。しかし、hinaさんは「××人」という書き方をなさった上で、「排除」という単語を使用されました。問題のある団体や逆差別の構造ではなく、「××人」「排除」と書かれるhinaさんとは、建設的な意見交換はできないと判断致しました。
hinaさんは、「一般社会に大きな迷惑を及ぼさない限り、「部落」だの「鮮人」だのと罵る心算はありません」とも書かれましたが、このhinaさんの言葉を逆説的に捉えれば、何か社会に迷惑を及ぼしたら、「××人」として罵るということも構わないと主張なさっていると私は解釈しました。
「バカをバカと言って何が悪い」というhinaさんの主張にも違和感を覚えました。確かに「テロリストにテロリスト!」「ドロボーにドロボー!」と言っても問題はないかもしれません。しかし、「ドロボーに、この朝鮮人!」と罵る行為は、完全なる差別だと思うのです。私が「人権や差別問題の本質を理解できるとは思えない」と書き、hinaさんとの議論を拒否したのは、自らを「差別主義者」と称するhinaさんの発言はレトリックではなく、本当に差別主義者なのではないかと思ったからです。
また、hinaさんは、逆差別を当然とするような少数派以外の被差別部落民や在日朝鮮人は、「倭人の生活に自然と溶け込み、お互いに「部落」だの「在日」だのという事は気にしなくなっています」と書かれました。
私は、こういう認識も間違い(ウソ)だと思います。私が文中にウソという過激な表現を使ったのは、hinaさんが、断定的に事実であるかのように書かれているからです。
hinaさんの周囲の環境はわかりませんが、現在も差別が残る日本では、自然と溶け込んでいない人も、いくらでもおります。また自然と溶け込んでいるように見えても、「そう振る舞う」ことでしか生きていけない人が大勢いるのです。過度の糾弾運動や逆差別の問題、同和政策や解放闘争の生んだ歪みなど、私なりに認識しているつもりです。しかし、私がhinaさんを批判したのは、そういう問題ではなく、現在も差別され、虐げられている多くの「個人」に対して、あまりにも配慮がない発言だと感じたからです。
私の解釈に誤りがあるのかもしれませんが、hinaさんの発言は、被差別部落の出身であること、在日であることだけで、差別するような人々と同じか、もしくはそういう差別を助長させるようなものだと感じたからなのです。
前回、瑠璃子さん宛てにコメントしましたように、「他人に批判を任せる」「他人にまで批判を要求」したつもりはありません。このブログをご覧になっている皆さんは、私のように感じないのだろうか?と、疑問があったから質問をしたのです。この点は、やはり誤解を招きやすく、最初から私自身が問題の争点を明確にすべきだったと反省しております。
慇懃無礼に批判をした私に対するhinaさんのお怒りは、文中からも察することができます。私の解釈に重大な誤りがあったのであれば、謝罪いたします。私がhinaさんの言葉に過敏に反応したのかもしれません。しかし、hinaさんには、部落解放同盟や朝鮮総連などの団体とは無関係に、私のように過剰に反応してしまうような人間が少なからず存在することを、理解して頂きたく存じます。
hinaさんやこのコメント欄をご覧になっている多くのブロガーの方々を陰鬱な気分にさせてしまった点については、心よりお詫びいたします。それから、私はうずまきさんに対しても「名指しで批判」しましたが、これは私の過剰反応でした。本当に申し訳ありません。
この場の雰囲気を乱した私に対しても、歓迎してくれた瑠璃子さんに、感謝致します。
by 匿名M (2005-03-25 21:11) 

hina

To 匿名Mさま
 丁寧なレスありがとうございます。その上で、再反論させて頂きます。話がずれてしまっているようであれば、それは私のオツムの程度が低いという事なので、どうぞご容赦下さい。

>hinaさんは、「一般社会に大きな迷惑を及ぼさない限り、「部落」だの「鮮人」だのと罵る心算はありません」とも書かれましたが、このhinaさんの言葉を逆説的に捉えれば、何か社会に迷惑を及ぼしたら、「××人」として罵るということも構わないと主張なさっていると私は解釈しました。
 上記解釈、ご指摘の通りです。
 但し、通常のケースと異なるのは、「部落」にしても「在日」にしても、その他の理由なく、「部落」であり「在日」である事のみを理由にして集り行為を繰り返し、「部落」「在日」という言葉を、単なる門地・国籍などの属性としてではなく、「集り屋」「暴力集団」などの意味を含む言葉に貶めました。もっと言うならば、連中は確信犯として、「部落として」「在日として」社会に迷惑を掛けていたのです。つまり、「部落」にしろ「在日」にしろ、それは属性であると同時に、行為でもあるのです。
 なお、ここでは「確信犯」を本来の意味で用いています。誤解のなきよう、念の為国語辞典などでその意味を確認されますよう、お願い致します。

>「ドロボーに、この朝鮮人!」と罵る行為は、完全なる差別だと思うのです。
 これは、「部落」や「在日」の本質を理解していないだけでしょう。「部落」にしても「在日」にしても、今日そう呼ばれるのは、逆差別を当然の権利と思い上がり、反差別云々よりも利権のみを目的としている連中及びその団体です。寧ろ、こういう連中が、逆差別を要求し、利権を追及する事により、「部落」「在日」の名前及びそのイメージを積極的に広めた感があります。
 私は、上記の意味を含めて、「部落」「鮮人」と罵っています。それを完全なる差別だというのなら、その責めは甘んじて受けましょう。

>私は、こういう認識も間違い(ウソ)だと思います。
 これについては、私も事実誤認を訂正しなければなりません。
 正しくは、「逆差別を当然とするような多数派以外の被差別部落民や在日朝鮮人」でした。申し訳ありません。

>hinaさんの周囲の環境はわかりませんが、現在も差別が残る日本では、自然と溶け込んでいない人も、いくらでもおります。
 逆もまた然りです。少なくとも、関東近郊においては、抑も被差別部落の存在を知らない人間の方が多いくらいです。
 例えば、その昔被差別部落とされる所として、某私鉄沿線に「穢多」と非常に近い名前の地名があります。何処とは書きませんが、高速道路のバス停があり、鉄道駅にも待避線がある駅です。中学・高校時代、その駅の周辺に住んでいる同級生がいましたが、凡そ差別の類は発生しませんでした。或いは、現在勤めている会社でも、やはり被差別部落と思しき地域(首都圏地震での危険度ランキング1位の常連です)に住んでいる人がいますが、やはり差別の話題など何処にも出てきません。
 この種の差別は、意識した瞬間に発生してしまうんです。それを回避し、差別をなくす方法は一つ、意識しない事でしかあり得ません。それを、自らが「部落」「在日」であると大っぴらに宣言し、剰え利権まで主張するような行為は、差別の助長を招くだけです。関西によくある「自然と溶け込んでいない」ケースは、得てしてその裏返しではないかと思うのです。

>また自然と溶け込んでいるように見えても、「そう振る舞う」ことでしか生きていけない人が大勢いるのです。
 これ、よく意味が分からないので逆にお伺いしますが、溶け込んでいるように振る舞うていうのは、どういう生き方でしょうか? 「部落」や「在日」である事をひた隠しに隠す事でしょうか? もし、そういう事であれば、その人達が抱える「内なる差別心」の方が問題でしょう。
 人間なんてのは、所詮他人にレッテルを貼る事でしか他人を識別する事は出来ません。そして、「部落」も「在日」も、そのレッテルの一つですし、或いは「日本人」「差別主義者」というのもレッテルの一つです。「部落」にしろ「在日」にしろ、そのレッテルのイメージを貶め、差別の誘引を起こしている連中が少なからずいます。そういうレッテルを敢えて自分で貼り、それでいて差別するなと言う事自体に無理があるでしょう。

>現在も差別され、虐げられている多くの「個人」に対して、あまりにも配慮がない
 配慮していませんし、する必要もないと思っています。利権団体としての部落解放同盟や朝鮮総連、その遣り口を含んだ「部落」「在日」の呼称を、追認し、或いは便乗しようとする人間は、ゴネ得連中と同罪です。

>被差別部落の出身であること、在日であることだけで、差別するような人々と同じ
 同じです。問題意識が同じなのですから、当然でしょう。
 連中は、被差別部落の出身であること、在日であることだけで、逆差別を要求しているのです。そして、そういう存在こそが「部落」であり「在日」であるというイメージを自ら広めているのです。昨今、インターネット上の輿論が「差別推進」に傾いて見えるのは、今まではタブーとされてきたこれらの逆差別が表面化し、いつの間にか被差別者が差別者になっていた事が露呈したからです。60年前の部落差別・朝鮮人差別とは、その部分が大きく異なっています。

>部落解放同盟や朝鮮総連などの団体とは無関係に、私のように過剰に反応してしまうような人間が少なからず存在する
 通常の反応だと思いますよ。人間、誰しも内なる差別心を抱えているものですが、通常はそれを表には出しません。私がやっている事は、その内なる差別心を抉り出して晒す事ですから、誰しもその内なる差別心を直視したくはありませんし、直視させられた時には激昂してしまうものです。
 差別問題は、匿名Mさんの問題でもあり、同時に私の問題でもあります。そして、差別心を抱える人間そのものの問題でもあります。その上で、差別心をどうコントロールしていくのかが、人間としの大きな課題でしょう。罷り間違っても、差別心を逆差別の道具にするような連中には、私は賛同出来ませんし、そういう人間には私は差別心を剥き出しにして罵ります。
by hina (2005-03-27 20:02) 

瑠璃子

だいぶレスが遅くなりました。私が壊れている間にいろいろとあったようですね。
>NO NAME TONE NOKAさん
ありがとうございます。しかしご紹介頂いたそのサイトにある記述ですが、これはどれだけ信憑性があるのでしょうか。私としては見る方の判断にゆだねたいと存じます。
by 瑠璃子 (2005-03-28 01:24) 

瑠璃子

>コメントをくださった皆様
ありがとうございます。個人的にはこの記事内容に即している限りは、このコメント欄は開放しております。異論反論大いに結構です。この問題がより深いカタチで議論されていくのは大賛成です。コメントによって私が気づかなかった部分を指摘頂いたりするわけですし。
その上で匿名M氏ですが、私としてはもう少し早くそのお話の論拠をご提示頂ければよかったのでは、と思います。論拠を示されず断定口調であると、やはりその内容よりもまず「ん?」と思われてしまったりする恐れがあるのでは、と。しかしこれはご本人が既にご承知のようなので、これ以上私が述べる必要はないと認識致します。もしこの問題においてコチラの記事で発言されたいという方は、ゲスト、So-netブログユーザー問わずお使い頂ければ幸いです。
by 瑠璃子 (2005-03-28 01:30) 

瑠璃子

>G3氏
いろいろとあいすみませぬ。確かにコメント欄で趣旨からはずれたやりとりをするよりも記事にまとめてTBでやりあうのも有益である場合が多いですね。今回がそうすべきなのかは、ちょっと判断に迷うところなのですが…。貴重な意見ありがとうございました。
by 瑠璃子 (2005-03-28 01:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。