So-net無料ブログ作成
検索選択

残された時間は [たまには真面目に語ってみる(コラム)]

野良にしては驚くほど愛想がよいこのコ。人通りが激しかろうが頓着せず好きなように眠る。
なにかの病気だろうか。寝ていてもおなかがべっこりと凹み、腰骨が飛び出るほど痩せている。こうして無防備に寝ている姿をみるとなにかしてやりたくなる。しかしウチのマンションペット規制があり、一匹しか飼えない。すでにもう飼っているので、このコをつれていくわけにはいかない。
東京は36.2度。6月の最高気温、42年ぶりに記録更新された暑さ。わたしは汗を雫のようにたらしながら、そばにいた。せめて誰かがいたずらしないように見守りたかった。なにも出来ないなら、その痛みを自分のものとしたい。
穏やかな寝顔だが、時折体が痙攣している。わたしは耐えられず牛乳を買い、あたえた。歯が悪いのだろうか。少し舐めた後にしきりに歯噛みをし、嫌そうな顔をした。それきり後ろを向いてしまった。舐めとる体力も、もうないのかもしれない。

この猫に残された時間は後どれくらいだろうか。

その最期の時もきっとこんな風に安らかな顔をして逝ってほしい。
今度は生まれてくるときは幸せにね。

わたしは傍らに立ち、体に打ち込まれる痛みを意識しながら、じっと見つめているしかなかった。 


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 3

真琴

野良猫がとても好きです。いえ、普通に猫全般好きですが。
野良猫ならではの、このような残酷な場面にも出会いますが、
でも、我々よりも自由に生きて自由に死んでいるんじゃないかしら・・・。
そう思いたいだけかもしれませんが。
by 真琴 (2005-06-28 19:07) 

こじーま

関係ない話でねこさんに失礼かもしれませんが、「象の墓場」という話をちょっと思い出しました。
未熟なままで死ぬのはふがいないけれど、潔くそのときを迎えないといけない、心を練らないといけない、と、ぼんやりながら考えております。
by こじーま (2005-06-29 01:35) 

isao-desu

家で飼っていたララを思い出しました
まだ3歳の若さで ・ ・ ・
白血病で死にました。 乳飲み子を残して
今は、その遺児のミミをララの親代わりになって
育ててます。
助けられたらいいのにな~
by isao-desu (2005-06-30 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。