So-net無料ブログ作成
検索選択

知らないってもしかしたら不幸なことかも「ホテルルワンダ」周辺 [たまには真面目に語ってみる(コラム)]

こんなエントリーがあった。

ホテルルワンダをみて
http://blog.livedoor.jp/mahorobasuke/archives/50487989.html

この記事は映画評論家の町山智浩氏が書いた「ホテルルワンダ」のパンフレットにあるコラムについて噛みついている。これに対し、町山氏が反論記事を書いた。

■『ホテルルワンダ』なんてまるで役に立たない!
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060225

(以下、上記二つのエントリーを読まれていることを前提に記述します)

町山氏の凄いところは、こういうどうでもいい(と端でみていたら思える)内容に対しても丁寧に反論をしているところ。コメント欄で意味不明に大暴れするような御仁ではない。このようなきちんとした姿勢に氏の、映画評論家という枠組みをこえた言論というものに対する矜持をみる思いがする。

件のブログ記事を引用すると

 ルワンダの歴史の説明など、役に立つ部分もあったのですが、コラムニスト(なのか?)の町山智浩という在日韓国人(帰化済み)の寄稿した文章を読んで、寒気がした。 殆どは映画の解説なのだが最後の一行にこうあった。
 「日本でも関東大震災の朝鮮人虐殺からまだ百年経っていないのだ」  へ??なんで、こんな文章が「ホテル・ルワンダ」のパンフレットに出てこなければならないの?
 まず、私は関東大震災時に朝鮮人虐殺があったかどうか、知りません。生まれてないから。
 で、私は地方出身なので、例えば身内のさらにおばあさんが被災したとかそういうのもないわけですが、そういうことがあったという説が流布しているのは聞いたことがあります。
 なんでも「朝鮮人が井戸に毒を入れている」という「デマ」が流布して、それを真に受けた民衆が朝鮮人を襲撃した、と。
 しかし、何人の朝鮮人が命を落としたのか知りませんし、第一、大震災で逃げるのに必死な人がそんなことしている暇があるのか・・・。
 それに、今の在日の人って、彼らの主張によれば「強制連行(等)」でつれてこられたんでしょ? だったら、関東大震災なんて、強制連行より全然前じゃん。そんな時に、なぜ、朝鮮人が「虐殺」されるほどもいるのさ。おかしくない?
 町山さん、韓国籍だったというあなたのお父さん、どうやって日本に来たの?あなたの祖父母にあたる人が強制連行されてきたの?それとも「等」でやってきたの?

ということだが、まあ突っ込みどころが満載な文章ですね。どこをどう指摘してよいやらその仕事量に呆然としたくなるわけですが。まず凄いのは「生まれてないから知らない」と言い切るところ。知らないのかそうかそんじゃ勉強するとか学ぶとかそっちの話しへ進むのか、はたまた無知の知でも語るのかと思いきや、知らないから(事実として存在し)ない、と力強く断言してしまう。自分が知らないことは事実として存在しないというアクロバットな論理展開にひたすら驚愕するしかない。この人が知らなかったら、フランス革命も100年戦争も事実として存在しないらしい。なるほど。歴史の暗部を知りました。

ところで三代住めば江戸っ子という定義通りなら、私はまごうことなき江戸っ子だ。そんなわけで、私の祖母は関東大震災で罹災した。小さい頃から、その話は暗唱できるほど聞かされてきた。話しには当然朝鮮人虐殺関連の話題がでてきている。実例としてあげたい。しばらく自分語りが続くがご勘弁を。

祖母はちょうどそのとき、浅草の映画館で鑑賞中だった。

館内はパニック状態に陥り、祖母と一緒にいた叔母にあたる人物が、下駄で前でうろうろしている人の頭をひっぱたいて活路をひらき、なんとか無事に脱出した。いつも鳩に餌をやっているおばさんが、石灯籠の下敷きとなってちぎれていたそうだ。祖母の自宅は本所のお寺さんであり、つまり住職の奥さんだった。這々の体で逃げ帰るが、倒壊がひどく、とてもいられるような状態ではなかった。祖母は寺つながりで埼玉へ逃げることにした。そのときいろいろな人が「被服所跡へ逃げろ」だの「隅田川を船でいけ」だの助言したが、そのどれにも従わず、上野経由で避難することに決めた。(祖母の決断があったおかげでいま、わたしがここにいるのだ!)厩橋を渡りきった瞬間に、その橋は落ちた。上野に着いたときには既に「鮮人が井戸に毒をいれた」という情報がひろまっていた。そのため喉が渇いた祖母は、不忍池の水を飲むハメとなった。艱難を乗り越え、祖母は埼玉へ無事ついた。だが道行く祖母を乞食扱いし、なにも施さなかった人々のことを、生涯忘れることはなかった。祖母は田舎嫌いになってしまった。

自警団には本所へ帰る途中、上野・埼玉へ行く途中にそれぞれ遭遇したそうだ。「ばびぶべぼといえ」と竹槍をつきつけられたことも何度もある。祖母は度胸の据わった人だったから、なんとか切り抜けることが出来たそうだけど、そうでない人も多かった。正確にどれだけの人が犠牲になったのかはなかなか歴史の闇に紛れてしまってわからないだろう。(6000人などと主張する人もいるがそれはどうかとは思う)こんな戦前に起きた何人死んだか正確にわからない事例を持ち出す町山氏は恣意的に選んでいる、という件のブログ主の意見だが、本当に的はずれなのだろうか。地震による被害という局地的な混乱の中でデマゴーグにより殺される人々、虐殺したのは行政府ならびに治安当局ではなく自警団といった隣人である民衆、不穏な時代背景(「白虹事件」により言論も統制されつつあった)がそれを後押しした等々、事件が起こった状況、時代背景ともに近似点が多い。そしてこの関東大震災における朝鮮人虐殺問題は教科書にもとりあげられた(少なくとも私の時代は)わけだし、ぱっと思いつく日本で起きた近似事例としてはおそらく(言葉は悪いが)ある意味最適なのではないだろうか。そして、こうして(戦前の問題ではありますが)日本でおきた事例をだすことにより身近に感じられる、「いまここ」でルワンダのような出来事も起こりうるということを訴えたかったのではないだろうか。さらに考えたいのは、ではなぜ日本ではあれほど拡大しなかったのか、ということである。それはひとえに当時の政府と軍がきちんと機能していたこと、少なくとも地域の警察署などが自主的な判断に基づいて、混乱をひろめてはいけないと、朝鮮人を保護したりといった動きもあったことに由来する。かなしいことにルワンダでは軍政府ともに全く機能しておらず、国際社会も虐殺には無関心だった。

例えば「血と骨」などを読めばわかるけれども、朝鮮半島では仕事がない人々、階級社会の中で飢えた人々が、仕事などを求めて日本へやってきていた。その人数があまりにも多いので、制限されていたほどである。であるがゆえに密航してきた人も多い。(このことがのちのいわゆる「強制連行」ってやつへと発展していくんじゃなかったかな。その「強制連行」が事実かどうかはさておき)だから決して件のブログ主がいうように「そんな時に、なぜ、朝鮮人が「虐殺」されるほどもいるのさ。おかしくない?」ということはない。おかしくは全くない。おかしくないからこそ、現在も在日問題というのが残っているのだから。

とこのように、偏見でみると、坊主にくけりゃ袈裟までニクイということの典型的な例であることがわかる。この偏見も2ちゃんねるかなんかでテキトウに育成された地に足がついてないコピペを集めたようなシロモノで、よくこの程度で文章を書こうと思ったモンだと感心する。その勇気には称賛を送りたい。とまれ、2ちゃんねるなんて所詮それこそ「デマ煽動の宝庫」なんだから、ひろゆき氏がいう「嘘を嘘と見抜けない人は」の意味を考えないと、こんな風に安直に染まりきる結果となりかねない。もう一度考えて欲しい。それにこんな平常時にホントかデマかをきちんと見抜けなければ、いつの日か震災に見舞われた際に、このときの自警団連中のようにまたデマや煽動を真に受けることにならないのだろうか。

ただ町山氏の反論ブログ記事でも不思議な点がある。

僕が例として朝鮮人虐殺を挙げたのは、もちろんその種が日本人にもあることを忘れないように、という意味です。 このブログで既に書いたように、沖縄人虐殺の話にしてもよかったし、

という下りだ。沖縄人虐殺というのは島津による侵攻の際をさしているのだろうか。それならば虐殺と言うことは「ない」。沖縄人にとって虐殺といえばそれは「沖縄戦」以外のなにものでもない。むしろ民族差別による虐殺ということならアイヌのほうが、よほど例題にはそぐわしいといえる。(不幸な話しだが)沖縄はまがりなりにも地域社会が成立し、伝統文化の維持ができている。そしてそれを武器に観光誘致もできるほどだ。だが翻ってみてアイヌはどうか。沖縄人にいわせると「沖縄よりアイヌの方がむしろ日本人とは違うという意識を持っているのではないか」。アイヌは故意に放置されすぎている。以上細かい突っ込みだけれども気になったもので。

(※注意 町山氏は既にご自身の記事を変更されています

ブログ主が「帰化人」などと蔑称する町山氏に日本の歴史を諭される姿をみると、同じ日本人(とあえていうならば)としてひたすら恥ずかしい。無知は罪だ。そして其れを恥じないことは恐るべきコトである。そのとき発した差別文言はすべて自分へ跳ね返ってくることをブログ主もよくわかったのではないだろうか。知った風なことをいうのなら、まず勉強してからにしないとよけいな恥をかくだけだ。

全ての差別の根源は不寛容であり、それは無知からきている。今回のイスラム教徒による風刺画反対運動でもそうだ。そして不寛容の一例と、それをいかに回避するかの一例を目の当たりにすれば、自分がどうすればいいのか見えてくるのではないだろうか。

関連記事:ミギもヒダリも世知辛い世の中じゃござんせんか
      http://blog.so-net.ne.jp/pussycat/2006-02-27

      引き寄せるべきか寄り添うべきかそれは問題か。
      「ホテル・ルワンダ」と「朝鮮人虐殺」について

      http://blog.so-net.ne.jp/pussycat/2006-03-01

追記:町山さんが韓国系日本人であるために、「朝鮮人虐殺を訴えたいからホテル・ルワンダのパンフレットコラムを恣意的に利用した」と書いているブログがいくつか見受けられる。フシギなのは、「ホテル・ルワンダに描かれたルワンダ虐殺の状況と関東大震災における朝鮮人虐殺の近似性について」言及しているブログはその中にあまり見受けられない(少なくても私が見た限りはなかった)点だ。前提としてその論議がまずある筈なのに、なぜそこに触れないのだろうか。どうも「まず結論ありき」という姿勢が見えないでもない。韓国系だから朝鮮人虐殺を書いたんだ、という断定は、日本人だからみんな芸者だ、というぐらいに無鉄砲な決めつけだ。


nice!(1)  コメント(31)  トラックバック(11) 

nice! 1

コメント 31

町山です。

私が書いたのは沖縄戦のことではありません。
それを確認せずに、沖縄戦のことと断定して論を展開するのは問題があると思います。
私が書いたのは沖縄人部落襲撃事件のことです。
戦前から戦後にかけて川崎や大阪の工業地帯の河原のあたりに朝鮮人部落と同じように沖縄人部落がありました。
沖縄では戦前、すさまじい貧困によって内地で労働者として働いていたのです。
言葉や風俗の違う沖縄人と付近の住民との間に軋轢が生じ、大阪で沖縄人部落が襲われて数人がリンチで殺される事件が起こっています。
僕がそのことを知ったのは「帰ってきたウルトラマン」というテレビ番組に同様の内容を描いたエピソードがあり、朝鮮人のことかと思っていたら、切通理作くんという作家がその脚本を書いた脚本家の上原正三さんに直接尋ねて、朝鮮人ではなく沖縄人リンチ事件を元にしたという話を聞いたのです。
上原さんは沖縄人です。
手元に資料はありませんが、切通くんが本を書くときに手に入れていました。
詳しくは彼の著書「怪獣使いと少年」をお読みください。文庫で入手可能です。
by 町山です。 (2006-02-25 15:47) 

わらばー@見ッチェル

>町山様
はじめまして。私は沖繩出身ですが、その「リンチ事件」に関しては浅学なため知りませんでした(もちろん、戦前のそうした本土における沖繩部落への差別は知っていますが)。むしろ、沖繩では、「人類館事件(アイヌや朝鮮、沖繩人が見せ物として陳列された)」のほうが有名でしょう。個人としてのレベルで他者への不寛容による攻撃ととらえれば、そのリンチ事件であってもよいと思うのですが、集団的な民族レベルでの攻撃という点では、むしろ瑠璃子氏が言うように、沖繩というよりアイヌの方が適切ではないのか、という気もします。虐殺規模の大小だけで判断できるわけでもないし、アイヌの事例にしても私自身よく知らないのを敢えて承知で述べておりますが。
by わらばー@見ッチェル (2006-02-25 16:47) 

うぶこ

>とこのように、偏見でみると、坊主にくけりゃ袈裟までニクイという>ことの典型的な例であることがわかる。この偏見も2ちゃんねるかな>んかでテキトウに育成された地に足がついてないコピペを集めたよう>なシロモノで、よくこの程度で文章を書こうと思ったモンだと感心する。

手厳しいこと書かれていますが、引用先の文章は確かに緻密さに欠けるけど、別にこの文章で金もらってるわけでもなし、これぐらいの感想文、自分のBLOGで書いても、別に構わないんじゃないでしょうかね。?
by うぶこ (2006-02-25 16:53) 

町山

ご指摘に従い、アイヌのことにも言及するよう修正しました。
by 町山 (2006-02-25 16:55) 

NO NAME

by うぶこ (2006-02-25 16:53) は

どうみても本人です。本当にありがとうございました。
by NO NAME (2006-02-25 17:30) 

うぶこ

本人認定ありがとう(笑)
お互い、言いたい放題で、感じたままをネットに載せられるところにブログの魅力があるんじゃないでしょうかね。

どれが、より真実か、正当性があるのか、まさにそれは、こちらのブログ管理者が引用するように>「嘘を嘘と見抜けない人は」の意味を考えないと
って、ことになるでしょう。

暴力的言辞で、罵りゃ、いいってもんではないでしょうにね。
by うぶこ (2006-02-25 23:31) 

ウェ

町山さんもせっかくだから
朝鮮人虐殺なんていう半分は自業自得みたいな事件じゃなくて
ご当地韓国の国民保導連盟事件を引っ張ればよかったのに。
by ウェ (2006-02-26 00:08) 

ウェ

# 『鮮人海賊事件/強盗殺人予審終結(船員)』 芸備日日 1913/10/30 〔〕 三原・広島 【社会】
# 『殺人犯逮捕(李永宝)(加東郡社町)』 大阪毎日 1914/4/7 兵付 〔1/7〕 加東郡・兵庫 【社会】
# 『鮮人殺人騒動/実は睾丸を蹴られて気絶』 門司新報 1917/9/12 〔1/3〕 下関・山口 【喧嘩】
# 『殺人嫌疑の鮮人』 大阪朝日 1918/3/24 〔7/9〕 伊那郡・長野 【社会】
# 『鮮人の殺人嫌疑(長野県伊那郡伊那富村)』 大阪毎日 1918/3/25 〔9/15〕 伊那郡・長野 【社会】
# 『鮮人と監督者との殺人騒ぎ/棍棒で袋叩き/生命は危篤か(中国製炭所)』 芸備日日 1918/5/24 〔〕 高宮・広島 【社会】
# 『日鮮殺人騒擾事件/一昨日午後の続行公判(児島郡日比町)』 芸備日日 1919/1/28 〔〕 玉野・岡山 【犯罪】
# 『日人は殺人未遂/鮮人は傷害罪(点灯夫の喧嘩を送検)』 大阪朝日 1919/3/20 京附 〔2/4〕 京都下京区・京都 【喧嘩】
# 『二つの血腥い判決/短銃強盗と殺人鮮人/何れも懲役言渡』 福岡日日 1921/2/1 〔1/7〕 福岡・福岡 【犯罪】
# 『殺人鮮人高飛び/劇場での血塗騒ぎ』 九州日報 1921/3/25 〔1/5〕 ・熊本 【犯罪】
# 『強盗殺人鮮人/三名とも逮捕(嘉穂郡穂波村)』 門司新報 1921/3/3 〔1/5〕 嘉穂郡・福岡 【犯罪】
by ウェ (2006-02-26 00:14) 

東京在住の大阪のおじさん

私の家は代々大阪という家系なんですが
大阪の人間に沖縄人を差別する感覚なんて昔も今もありません。
リンチ事件のことは存じ上げませんが、
それを文化や風習の対立というのは、調査しての発言なんでしょうか?
単なる利害対立だったかもしれないし・・・・

町田氏のコメントだけを見ると、人から聞いた、一冊の本に書いてあったと言う程度にしか思えません。
町田氏への批判をここに書いてもしょうがないですが、疑問を感じます。
by 東京在住の大阪のおじさん (2006-02-26 03:22) 

東京在住の大阪のおじさん

本題について書くのを忘れました(笑)

私も関東大震災の際の事件について
正直パンフレットに書く必要は無かったと思っています。
事実関係から背景からいろんな点で違いすぎますから。

マイノリティとマジョリティの対立等が本旨で
その例として挙げられたことは十分理解してますが
町山氏が単純に思いついたのがこの事件というだけの気配も感じます。
私はちょっと安易だなと感じました。
本質が共通したものがあるとして例に挙げるのも1つの方策ですが
差異を踏まえる必要もあるのではと思います。

町山氏の反論も若干揚げ足取り的になっている部分もありますし
また私もあの辺りの歴史が好きで本を読みあさってますが、
その程度の私から見ても、事実関係の把握を間違っているのでは?
と思われることも書いてらっしゃいます。
(町山氏の大阪における沖縄人襲撃事件を「安易」と批判しておいて
こう書くのも矛盾してますが・・・・)

どちらにしろ、どちらも冷静であって欲しいものです。
by 東京在住の大阪のおじさん (2006-02-26 04:06) 

774

 問題のブログで書き込まれていた強制連行云々は、朝鮮総連などが、日本の在日朝鮮人はその殆どが戦争中の強制連行で連れてこられた人々である、という捏造を指摘しています。
 つまり、戦前に朝鮮半島からの移住者が多く居る事実は、朝鮮総連の主張が嘘であることを証明しているではないか、と言いたいわけです。

 捏造された根拠を理由に特権を要求する在日朝鮮人が居ることは在日にとっては不名誉であり、日本人にとっては言われない侮辱と不当な要求を突きつけられることになるわけです。
 そのため、この嘘を糺すべく韓国系の在日団体(民団)なども活動していますし、また2ちゃんねるでも民団側が作成した統計に基づいた総連批判が行われています。

 にもかかわらず、あなたはこのエントリーで偏見と無知に基づいた批判を行いました。

 ★あなたはきっと、震災やルワンダで虐殺を行った★
 ★ろくでもない連中と同じような人間だと思います★

 無知を恥じず、偏見を理由に人を叩ける人なんですから。
by 774 (2006-02-26 05:38) 

沖縄人

だれが『強制連行』なんてデマを流したのでしょうか?
私はデマ信じ本気ですまないと思い続けてきました。
本土の大学で出会った在日朝鮮人の友人に、あんなの嘘だよ?と、言われたときの衝撃を今でも覚えています。
by 沖縄人 (2006-02-26 07:11) 

ブログ内より引用

2006-02-22 春の予感にふと思う  [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー]  
あーあ、セックスしたいなあ。セックス。
2006-02-21 このまま俺は彷徨い続けるのか  [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー]  
「理由」などいらない。
やるか、やらないか。ただそれだけだ。
by ブログ内より引用 (2006-02-26 13:57) 

NO NAME

>大阪の人間に沖縄人を差別する感覚なんて昔も今もありません。

貴方が知らないだけです。
・「職工募集、但し朝鮮人琉球人お断り」
http://book.shinchosha.co.jp/books/html/4-10-116342-1.html
・アイヌの人たちと一緒に陳列見世物にされた大阪「人類館事件」
http://soshisha.org/gonzui/85gou/gonzui85.htm
by NO NAME (2006-02-26 22:26) 

NO NAME

by ブログ内より引用 (2006-02-26 13:57)
↑こいつみたいな揶揄しかできないのをみると、ネトウヨさんの知識レベルがわかりますね。お嫌いな反日朝鮮人と同レベルですね。
by NO NAME (2006-02-26 23:23) 

やっぱり

んー、嫌韓厨って人たちはちょっと足りないよね
恐らく町山さんの以前のエントリも見ずして、”火病”起こしたんじゃないかな(笑)
by やっぱり (2006-02-26 23:41) 

やっぱり

んー、嫌韓厨って人たちはちょっと足りないよね
恐らく町山さんの以前のエントリも見ずして、”火病”起こしたんじゃないかな(笑)
by やっぱり (2006-02-26 23:45) 

ていうか

ここのブログ前ネット右翼とかいわれてなかったっけ?
強制連行キーワードだけでブサヨ認定するあたりがなんとも。
by ていうか (2006-02-26 23:46) 

このブログにはこの程度の揶揄でいいんではないかね

2006-02-22 春の予感にふと思う  [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー]  
あーあ、セックスしたいなあ。セックス。
2006-02-21 このまま俺は彷徨い続けるのか  [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー]  
「理由」などいらない。
やるか、やらないか。ただそれだけだ。
by このブログにはこの程度の揶揄でいいんではないかね (2006-02-26 23:49) 

NO NAME

by このブログにはこの程度の揶揄でい.. (2006-02-26 23:49)
知能レベルの露呈ありがとうございます。
ちなみにやればやるほど、ネット右翼たちは馬鹿ですと告知しているだけ。
あ、わかった。ブサヨの人たちなんだね。そじゃないとこんなことしないよね。
自分たちのレベル下げるようなことゆわないよね。
ひどいなあ。ブサヨは。
by NO NAME (2006-02-26 23:53) 

日本とコリアを敵対視させる勢力って

私の家は、江戸時代から続く正真正銘の江戸っ子家族ですが、在日コリアの虐殺、また、2ちゃんねるで言う在日コリアの不法占拠等も、身近ではありません。
父から聞いた話では、家の周りには、在日コリアの方々が戦後沢山住んでいたと聞いていますが、全て帰化又は本国に帰ったと聞いています。
終戦後は、貧乏人同士助け合って生きてきて、朝鮮漬けを頂いたり、おかずをおすそ分けしたりとかしていたそうです。
一部のいざこざが誇張されて、あたかも日本人と在日コリアが憎み合っていたのが全ての様に語られているのは、本当に悲しい事です。
在日コリアの差別を語られる方は、日本と韓国、朝鮮が仲良くなる事が嫌なんではないかと、最近思うのです。
仕事で、韓国人の方々と接する機会がありますが、口々に言うのは、日本の国旗を燃やしたり、抗議活動をする人は、特定の一部の人、日本で言う過激派の様な人だけで、ほとんどの人は、日本と仲良くしたいと思っています。
昔の事については、お互いの立場があり、意見が合わないのは当然で、これからを考えるのが、お互いの為になると皆さんおっしゃいます。
そういう言葉に甘んじて、、、と自称平和主義の方々は言うかもしれませんが、憎しみを煽る様な言動よりは、遥かに平和的だと思います。
平和、人権を訴えた、社民党や共産党が日本人拉致の片棒を担いだ様に、一見、正義に見える様な言動でも、裏はどうなのかを考えてからじゃないと、賛同出来ないのが今の時代です。
隣国同士なんですから、仲良くしたいものです。
by 日本とコリアを敵対視させる勢力って (2006-02-26 23:56) 

NO NAME

あ聞きたいだけど、>by このブログにはこの程度の揶揄でい.. (2006-02-26 23:49)
そういえばさ、つくる会の教科書にも
「関東大震災で朝鮮人虐殺があった」と書いてあるよ。
藤岡先生にお会いしたことあるけど、実に立派だよね。人格者で、
よく調べて一生懸命正しい歴史を広めようとしてらっしゃる。
でもあの嫌韓厨は「朝鮮人虐殺はなかった」と書いてあるよ。
日本の歴史についていろいろゆってるのに
つくる会の教科書もまともに読んでないひとみたいだね。
それについてはどう思う?
by NO NAME (2006-02-27 00:04) 

通りすがり

つくる会は反米ブサヨ!
by 通りすがり (2006-02-27 01:48) 

NO NAME

つくる会は反米ブサヨ!

西尾幹二はすでに代表を退いてますがなにか?
by NO NAME (2006-02-27 08:32) 

なるほど。

炎上してるブログは知性もないし自らの間違いを訂正(あくまで訂正ね。謝罪は必要ない)する謙虚さもない。

でも町山氏も、虐殺する人間は元からそういう人間だと思ってるんじゃないか。教育でもメンタリティでもいいが、とにかくそういう根があると。「役に立たない!」て言うタイトルを見てるとね。

レイシズムの被害に会われた方に対してあまり多くを言いたくはないけども、「役に立たない!」は違うと思うな。彼女がああいう言動をとるのって、他の原因があるからでしょ。まあ無知で傲慢だけど。町山氏の方が幾分大人なんだし、評論家なんだし、理解してやるのもいいのではないかな。
by なるほど。 (2006-03-01 02:34) 

ふふふ

一度アップした文章を何度も修正して、「修正しました」の一言もつけないのは町山さん、あなたさんそれでも文筆家?
件のブログの作者は「謝罪してない」とか言ってる人、道を歩いていて、出会った人にいきなり「考え変えろ」「謝罪しろ」と言われて、「はいわかりました」と謝罪するわけだ?

>「生まれてないから知らない」と言い切るところ。知らないの>かそうかそんじゃ勉強するとか学ぶとかそっちの話しへ進むのか、>はたまた無知の知でも語るのかと思いきや、知らないから>(事実として存在し)ない、と力強く断言してしまう

 んじゃここのブログ主は、世の森羅万象の全てをご存知なわけだ。へーへーほー。
 んでもって、ブログ主は、生まれてなくて見てもない、聞いてもないことを「知っていて当たり前」と言ってるわけだ。すごいねーーー。
 「知らない」=「なかったこと」ではなく、「知ったかぶりはやめよう」と言ってるのに、その部分は抜粋しないのな?
 このブログこそ突っ込みどころありすぎて、笑ってしまうんだが。

 んでもって、何を勉強すべきかは、自分で決めればよいこと。
 件のブログの作者は「他に優先的に勉強したいことがある」と書いて、例示もしてるけど、その部分は何故か華麗にスルーでつか?
 こういうのを「恣意的」って言う。一つ勉強になった?

 結局、炎上ブログに便乗してアクセス数増やしたいだけの野次馬ブログなのね。NET乞食たぁこのことだ。
by ふふふ (2006-03-01 19:53) 

NO NAME

by ふふふ (2006-03-01 19:53)
by うぶこ (2006-02-25 16:53)

また本人か。

んでもって、何を勉強すべきかは、自分で決めればよいこと。

義務教育はこいつの国では選択制なんだな。なるほど。
by NO NAME (2006-03-01 20:09) 

NO NAME

>「知らない」=「なかったこと」ではなく、「知ったかぶりはやめよう」と言ってるのに、

だったら勉強すれば?
by NO NAME (2006-03-01 20:56) 

NO NAME

>このブログこそ突っ込みどころありすぎて、笑ってしまうんだが。

この馬鹿の書き込みが一番突っ込みどころがありすぎる件について
by NO NAME (2006-03-01 21:12) 

NO NAME

瑠璃子さん、乙。
セックスしてますか?
コリアンざぱニーズのキムチ臭で萌え~ですか?
by NO NAME (2006-03-06 17:34) 

失礼します

トラバさせていただきました。

>ぱっと思いつく日本で起きた近似事例としてはおそらくある意味最適なのではないだろうか。

そのとおりだと思うのですけどねえ。
by 失礼します (2006-03-07 18:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。