So-net無料ブログ作成

「きょうの料理」枝元なほみセンセイがエロ過ぎる件について [ごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(日記)]

昨日はいつもお世話になっている『総帥』こと「東京ときめきガール」主催の偽乙女“たくぼん”さんのところにお邪魔してみた。しかしなぜか総帥のところには私の男友達(三谷幸喜激似)が…。え!?そういう関係…?と妄想が一通り走馬灯してしまったが「そうだったらよかったんだけど」と総帥。なんとなくマジな感じが素敵。閑話休題。

今回の議題は目下私の抱えている「愛の悩み」を戦隊ものとチャングムとウルトラマンメビウスときょうの料理といった多角面から考察してみるというもので、まあテキトウなビデオをみつつ大笑いしましょうというたいした話ではない。話はたいしたことはなかったがビデオはものすごいことになっていた。

■そのイチ「チャングムの誓い」
いまさら「チャングム」のものすごさについて言及するなんざ、富士山は日本一高い山だったんだぜと周囲に触れ回るような行為なので、まあ説明不要ということだったんですが、主人公が一時間の番組の中で2回も打ち首の刑に瀕するなんてあり得ないつーかなんつーか。大韓力を久々に目の当たりにする思いがしました。(もちろんこの前触れたのは「映像夜間中学」で)この唐辛子とタバスコとハラペーニョをぶっかけたキムチ入りロッテバニラシェーキを無理やり飲まされるような感覚は病み付きになる恐れあり。一時間が半日に思えた次第。

■そのニ「ボウケンジャー」
いまさら最近の戦隊モノのとっぴさについて語るのは、アキバってオタクが集まるところらしいぜ、と2ちゃんねるに書き込むような話なので割愛するが、まさか戦隊モノみて「女の幸せ」について考えさせられるとは。とりあえずツインテールと超ミニスカ女には警告表示が真っ赤に点灯つーことで。

■そのサン「ウルトラマンメビウス」
いまさら仁科がでているからホモ臭が漂っているのねなんて話はアレですけれども、深くつながったところで信頼が生まれるっていう感じでした。ウルトラマンの中の人も大変ですね。

■そのヨン「きょうの料理」ケンタロウと最強の女枝元
そしてこれですよこれ。好事家たちの間でひそかな抜きどころとしてブームと一部でうわさの「きょうの料理」。まずしょっぱなは「ケンタロウ」。この方もおそらく偽乙女系なのでしょうが、扱う食材はナス。あら秋茄子は嫁に食わすなっていうしぴったりねとチャンネルを合わせたお茶の間に軽くジャブをかますようにケンタロウ先生はナスを股間にもってきてポジションを取る。それだけならまあナスなんて久しく味わってないわねじゅん…という話なんだが、お茶の間の倫理コードに一人果敢に立ち向かってしまわれたケンタロウ先生はわざわざ茄子を股間にもってきて勃起させるように太い部分を天に向けてそそりたたせちゃったりして。このシーンで何人が昇天したことか。それはまだ序の口だった。んで枝元なほみ先生。
総帥が思わず「ワタシ、この人ってホント女の業がクチから駄々漏れみたいなしゃべり方するなーって大ファンなのよ」と指摘されておられたが、まさにそのとおりで、しゃべる生殖器みたいな感じだった。生っぽくていやらしい。2ちゃんの料理板で枝元先生について「あのしゃべりがいやだ」という書き込みが結構あったりもするのだが、料理板には女性の割合が多いことを考えれば当然かも。駄洒落連発のアナウンサーが隣についているのだが、駄洒落も忘れてなほみの「オンナ」毒気にあてられっぱなし。「うふふふ…ムいたらスグにいれちゃうの…うふふ」なんていわれた日にゃ、ナニの皮か包皮かダイコンの皮かまったくわかりませんて。(正解は包皮←うそです)あのシーンで何人の好事家が不本意にも昇天させられたことか。ワタシにははっきり見えましたぞ。嗚呼。

■そのゴ「ぶらり途中下車」小倉久寛
最後にお口直しってことで「ぶらり途中下車」。もうね、あの予定調和的世界に突っ込みを入れる気すらおきない。なにせ枝元センセイという最終兵器を堪能したばかりだったもので。大変好ましかったのは最後に出てきた紙相撲好きのおじいさん。力士になりたかったほどの相撲好きが高じて、自分で紙相撲の力士をつくり、一人で場所を行い、その星取表を60?70年ぐらいつけているそうな。しかしすごいですよ。どう考えても終戦とかその後の混乱期やらそんな時期でももくもくと紙相撲。ある種鉄人です。是非黄泉若宮氏こと継真氏にはおじいさんのお相手をしてあげてほしい。

頭の回路がおかしくなって帰宅。しかしいい感じで解毒できたようで、悩みはスッキリ!といけばよかったけど。まあそんな感じできょうも生きてます。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

たくぼん

楽しい時間をありがとうございました。また遊びに来てくださいね。
普段何気なく見ているものでも、複数の人間で多角的にとらえると新たな発見があるものですね。ついでに私が絡んだエントリは他の人が絡みづらい(=コメントしづらい)という事実もわかり、ブログ上での自分の立ち位置は「バポナ(劇物)」だと認識した次第です。
http://www5.mediagalaxy.co.jp/earth-chem/products/insecticide/006-2/
「アイの悩み」についてちょっと考えたりもしましたが、コメントが長文になりそうなのでエントリにしてトラックバックしますね。
by たくぼん (2006-09-21 17:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。