So-net無料ブログ作成
検索選択

全てはメーデーにあり!男の無神経横溢映画「夜の河」 [映画レビュー※ネタバレ注意]

吉村公三郎監督山本富士子主演「夜の河」(1956年)を見る。 見る前は「単なるラブロマンス/紅涙絞るメロドラマなんだろうな」とたいして期待もせんかったんですが、あにはからんや。これが大違い。かなりの怪作でございました。
ストーリーは、京都が舞台。臈纈染めを営む店に生まれ、職人である父(東野英治郎)を手伝うきわ(山本富士子)。彼女を崇拝する画学生岡本を相手するのがせいぜいで、見合い話も断る娘が婚期を逃しつつあることを父は気にしているが、職人が「労働基準法」などと言い出してやめる状況では、娘に頼らざるを得ない。きわはろうけつ染めの営業に出向いた先で、言い寄る仲買人近江屋(小沢栄太郎。絶品!)をうまくあしらいながら、様々な店へ自分たちの品を売り込む事に成功する。その帰り道、ショウジョウバエの染色体研究をしている阪大教授竹村(まったく精彩に欠く上原謙)とその娘と知り合う。そのあと竹村がきわの家を訪れたり、きわが竹村の研究室を訪れたりしながら交流が続く。きわの店は近江屋の紹介で東京に進出するがそれとセットに二人で旅館に泊まる事を要求される。きわはからくも逃げるがそのあと宴席で近江屋にひどい侮辱を受ける。悔しさいっぱいに京の街を彷徨うと竹村に遭遇。竹村は岡山の大学へうつる、という。突然の雨に降られた二人は、きわの幼なじみが経営する待合で初めて一夜を過ごすのだった。きわは戸惑いながらも竹村との付き合いを続けるが、きわを思慕する画学生岡本は「そんなのは不純だ」と彼女を詰る。竹村の娘がきわの店に現れ、自分の母親が病気であり長くはないかもしれない、と告げる。竹村ときわは白浜に旅行する。そこへ竹村の妻の病状が悪化した知らせがはいる。自分が彼女の死去を待っているような気持ちになったきわは一人岸壁に立つ。竹村はその傍に寄り添い「もうすぐ…」と告げるのだった。やがて竹村の妻は死ぬ。岡本は体を壊し田舎に帰る。岡本とのやりとりの中できわにある決意が浮かぶ。彼女からのたよりが途絶えたのを心配してやってきた竹村にきわは別れを告げる。労働基準法云々と言ってやめた職人が彼女の店に戻ってきた。職人と二人でメーデーの行進を見守るきわの心はいつになく晴れやかだった…。

こんな感じです。ストーリーだけ見ると松竹大船調というかまあそんな具合なんですが、出てくる人出てくる人、みんな無神経ないやな奴ばっかりで基本的に感情移入しづらい作品に仕上がってます。例えばきわの父親も店の経営からなにから娘に任せっぱなしのくせに「奥さん死んだんだからこれで縁付ける」というようなアリサマだし、きわの妹にしても「縁付いてくれたらこっちにも援助してくれるでしょ?」と打算アリアリ。竹村の娘も父親の不倫を知っていながらきわを値踏みしているような感じだし、彼女の事を本当の意味で思いやってるのは画学生岡本(抽象画を描くという設定で名前が岡本五郎っていうのもなんか舐めてんなとは思いますが)くらいというテイタラク。 山本富士子を狙う近江屋もお前の品よりお前にしか興味ないといわんばかりのセクハラ三昧で、挙げ句にアテが外れると、染め物組合での宴席上でありながら、きわを罵倒しまくる。これが一応コミカルに描かれてはいるものの、居合わせたお偉いさんが怒鳴りつけたりといったカタルシスを誘うシーンが一切なく、ただきわが退席して終了なので、後味悪いまま。まあしかしこの辺はわかりやすくてまだいいわけですが、問題はロマンスのお相手、上原謙。 上原謙は基本大根演技な人なんですが、年食ってかなり精彩に欠ける状態でそれなので、思わず「なんでこいつをチョイスしたの?」と口に出かかりましたわい。あんなしょぼくれたジジイに惚れる意味が分からんのだけど、たぶん「それも含めての」キャスティングなんだろうなと推測。男の無神経さを(無意識的に)よく表現していました。初セックルシーンの後、山本富士子が「こどもがうまれても、わたしひとりのことにして、育てます」と突然のシングルマザー宣言(この言葉によって彼女が処女だったことを匂わせる)をいたすと、眉根にしわ寄せて思いっきり「え”!?」とつぶやく。そして決定的なことに触れない/いわないまま、「もうすぐ…」だのと無神経極まりないことをいう。そう、上原謙は山本富士子に別に言い寄らないんですよ!煮え切らないまま状況に流されました的な態度を崩さない。男のずるさ全開なんですな。そりゃ山本富士子じゃなくても愛想つかすってなもんで。 山本富士子はもうこの時点(1956年)で結構太り始めてて、昔は綺麗だったけど今はまあ面影があるわなあというような生活感がよくでてました。京都育ちを生かした京都弁も違和感無く、初期の大根感が払拭されてますた。悲恋によよと泣き崩れるよりは、一人たたずみ、えいやあと染め物を絞り上げる姿が似合う。そういう意味では新時代の、ひとつの象徴的な姿かもしれない。 映画全体で見ても吉村公三郎初カラーだけあって、かなり実験的。レストランで竹村ときわが会話するシーンをテーブルに飾られている花のカットバックであらわしたり、二人の初セックルシーンを照明を落とし、影絵のような状態で表現したり、とオモシロいことをやってます。しかし度肝を抜かれたのはなんといってもラスト。まさかメーデー見物シーンで終わるとは。一応伏線はあって、物語の中盤で「メーデーやってますよ!」と職人に声をかけられたきわは「そんな子どもっぽい」と一蹴するんだけど、ラストは気ぜわしく突っかけを脱ぎ捨てるようにして二階に上がり、職人と二人、食い入るように見ているところでジ・エンド。冒頭で唐突に職人が「労働基準法に則してない」ときわの店を詰るシーンがあったりと、なんでこんなに「ヒダリ」っぽく作ったのか今ひとつわからないんだけど、「近代化」と女性の自立を表現したのかなあとぼんやりと想像しました。 見た後、一緒に行った人と「溝口なら、小津なら、木下、あるいは成瀬ならどうこのストーリーを表現したか」という話題で盛り上がった。傑作とは言い難いんだけど、なんか心に引っかかるフシギな映画でございました。

夜の河 [DVD]

夜の河 [DVD]

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社

関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社

の女性社員さん、女性でもストーカー行為は成立します。

村ちゃん、白ゴ~ン、松田忍さん

迷惑行為やめてください。

ストーカー規制法とは

平成12年5月18日、第147回通常国会において「ストーカー行為等の規制等に関する法律(いわゆるストーカー規制法)」が成立し、同年11月24日から施行されました。この法律はストーカー行為等を処罰するなど必要な規制と、被害者に対する援助等を定めており、一般市民をストーカー行為の被害から守るためのものとされています。

この法律の中では、以下の8つをいわゆる「ストーカー行為」として定義しています。

1.つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という)の付近において見張りをし、又は住居などに押しかけること。
2.その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
3.面会・交際その他の義務がないことを行う事を要求する事。
4.著しく粗野または乱暴な言動をすること。
5.電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ若しくはFAXを用いて送信する事。
6.汚物、動物の死体その他著しく不快又は嫌悪の情を催させるようなものを送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
7.その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
8.その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他のものを送付し若しくは知り得る状態に置くこと。

楽しい船旅をだめにしないでください。



2. 善野 2011年11月04日 20:57
環境型セクハラ [編集]性的な嫌がらせ。

女性従業員による、女子トイレでの男性従業員の容姿や恋人関係などに関する噂話。
職場や学校などで、ヌードカレンダー、水着ポスターなど、人によっては不快感を起こすものの掲示、性的な冗談、容姿、身体などについての会話。
恋愛経験について執拗に尋ねること。
男性に対して「男のくせに根性がない」と言う[9]。
男性をソープランドなどの風俗店にむりやり誘う[9]。
男性への、裸踊りの強要[10]
女性上司から男性部下への誘い[6]

を止めてください

by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 (2011-11-04 22:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。