So-net無料ブログ作成
検索選択
<乙男とはなんぞや> ブログトップ

ハニーコミヤマプレゼンツ<乙男とはなんぞや>「乙男のポリシー(1)」 [<乙男とはなんぞや>]

「乙男」。

乙な男子と書いて「乙男」(オトメン)と読む。昨今ではファンシー雑貨や編み物に代表される「おとめちっく」なモノが好きなら即「乙男」であるという認識が、巷に流布しているようですが、それは断固として“NO!といえる日本男子”といいたい。そんなアロマテラピー好きなら癒し系みたいな安直かつ惑星直列な発想でどうする、吉屋信子以来の伝統的乙女道を守るのはいまや乙男をおいて他にあらず、真の乙男道は厳しく険しいものよ兄弟姉妹、と熱く伝授すべくあの男が立ち上がった。

そういうわけでこれからハニーコミヤマが「乙男とはなんぞや」を数回に分けて伝道コケシいたします。どうかよろしくお願いします。

***

「乙男」とは自分が知る限り自分が自発的に思いついた言葉および概念です。
ただ、今まで誰かが思いついてはいたものの、いまだに広く浸透していないだけかもしれません。
ひとまず暫定的に自分流の「乙男」ですが、最初は「おとこ」と読んでいたのですけれども、一緒にこういうこと(添付画像参照)もやっている親友にこの言葉及び概念を紹介した際に「オトメン」というイカした読み方を賜りました。
では「乙男」とは何か?これから数回に分けてその概念を説明していこうと思います。

まず大切なとして、乙女のイメージを構成する核は「純潔」です。
つまり、この場合は童貞に他なりません。ちなみに、
「28歳まで童貞を守り抜いた男は魔法が使えるようになる」
という設定の成人向けゲームがあるそうですが、ありゃウソです。
そんな個人的な事情はさておき、「乙女=処女性=…」という定義があるのならその逆があってもよい。いや、以前からあるにも関わらず単に形を与えられなかっただけではないか?
すなわち日常レベルで散見される「乙男=童貞性=…」の中の「…」の部分を、これから思いつくままに追求していこうと思っております。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
<乙男とはなんぞや> ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。