So-net無料ブログ作成

「サルまん」サイン会にいってきました。 [今そこにあるモノを見にいく(ルポ)]


残暑が厳しいザンジバルですが皆さんチンマン三こすり半ですか?
この季節になってもまだまだ油断しちゃだめよ洗うときはチャンと玉裏まできっちりじゅぼじゅぼぷりーず☆というわけで本日はサルでも描ける漫画教室発売記念として池袋・ジュンク堂にて開催されました相原コージ竹熊健太郎両先生(+スペシャルゲスト)のサイン会に参加してきました。

「サルまん」(正式名称サルでも描ける漫画教室)と聞けば90年代初頭にビックコミックスピリッツの愛読者だった方にはあああれかと察しがつくとは思います。漫画で天下取ったると野望に燃える二人。その二人があらゆる漫画を研究し技法作法描写法を駆使して大ヒット漫画を生み出していくという骨子をとってはいるが、実際のところ「売れる漫画とはなんぞや」という漫画の本質論、ひいてはまんぐゎとはいや人生とは人間とはなんぞやという実存的方法論にまで発展していく壮大な物語なのである。アタシゃこの作品で第二次性徴をむかえ、そしてこの本のおかげで文章を書く楽しみを覚えたわけで、そんなこんなで私としてはおまんまんが勃起することを教えてくれたまさに文章の師なのである。(ちなみに人生の師は根本先生)閑話休題。

もちろん当時単行本は買ってはいたけれども、引越しとともに忘却のかなた。再販されたのを知り買おうとは思っていたけれどもサイン会、ひいてはあのスペサルゲストが参戦するなんて話を聞いたらアナタ、いかずばなるめぇ赤城山。そんでもってこの情報、8/31頃、「たけくまメモ」にて入手し、あわてて買いに走って越えて高田馬場。なんとか整理券ゲットし、前日は夜も眠れず昼寝して(なつかしいね)すこし遅れて現地入り。

いんやあんれまあすんごい人出で御座いますこと!もうね男くさいのですよ。ぷ~んと漂ふヲノコのかほりを嗅ぎわけ掻き分け探り当て、ぐりぐりぐりと最後尾にたどり着けばそこは“ぼーいずらぶ”コーナー。別世界の恋を堪能しつつ、ついと列を見やればどうもそこは男の世界。列の中にはちらほら女子がいることはいるので異端ってこともない様子と、平坦な胸をなでおろす。

当然のことながら待ち人の多くは「サルまん」を読みふけっているわけだが、人前で爆笑をすることはどうもと岡本太郎の「沖縄論」を読む。読む、読むことしばし2時間ちょっと。ようやくやってきたのよ私の番が。おや?机とか椅子とかないみたい……と思いきや、奥まったところにゴザ敷いてちゃぶ台用意して背後のちゃちい本棚にはちゃんと野望の王国が。(この芸の細かさには感涙モノ)そしてそしてそしてその前に鎮座されておりますのは野望の二人こと相原コージ先生と竹熊健太郎先生ですのよアータ。普段、ちんぽとまんこがずっこんばっこんして生まれたのが人間なんじゃなんぼものもんじゃい!神輿が一人で歩けるっちゅーの!?オルァを身上にしているこの私。どこにいたって誰の前でも緊張することはない。が、お二人を目の前にして極度の緊張による硬直。そういうわけでせっかくお二人の画像、ならびに私と一緒に係りの方に撮影していただいた画像、竹熊先生の画像、みーんな保存し忘れるという大失態。しかもこの相原先生の画像も、一度失敗したので再度お願いして撮影させていただいたもの。なにやってんだろ俺…。(9/9に猿島にて行われるたけくまメモのオフには沖縄に行くため参加できないし…もう竹熊先生のご尊顔を入手することはできないのか嗚呼)

えーんえーん馬鹿馬鹿よ馬鹿なアタシはたれそめてトドノツマリ自己嫌悪は如何にして我が烙印となりし乎うぉがあせふじこfgh、と呆然自失しつつ、スペサルゲストのところへ。「サルまん」では全出版社の支配を企むもう一人の野望主「白井編集長」としておなじみの白井元編集長で御座います。現在は専務であられる。そんなお立場であらせられるのだが「サインお願いします」「お写真お撮りしてもよろしいでしょうか」「いいですよ」など気軽にお引き受けてくださって素敵。などと感慨にふけっていると後ろから係りの方が「例のポーズでお撮りになってはいかがでしょうか」「どうでしょうか」「ああいいですよ」とこれまた快く引き受けてくださる。

「オメコスキケ?」(※注 言ってません)
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
と思わず滅多に使わないAAを記したくなる次第で御座います。そしてサインにも「支配者専務」だなんてもう、このサービスには本当胸がぢいんといたしましたですよ。感動…。久しぶりにじゅん……としちゃった。てへっ(お好きな機種依存文字を入れてください)。それはさておき、白井専務取締役、本当にありがとう御座いました。

そういうわけで、みなさんこの感動をぜひアテクシと一緒に味わってくださいませ。まんぐゎの襞の隅々奥襞慕情まで知りたければ読むべし読まれるべし!!必読の「サルでも描ける漫画教室」絶賛発売中よん!!!!買わねぇコはいねが!?

サルまん 21世紀愛蔵版 上巻

サルまん 21世紀愛蔵版 上巻

  • 作者: 相原 コージ, 竹熊 健太郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/08/28
  • メディア: コミック

サルまん 21世紀愛蔵版 下巻

サルまん 21世紀愛蔵版 下巻

  • 作者: 相原 コージ, 竹熊 健太郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/08/28
  • メディア: コミック

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 3

ken

うひゃ~濃いなあ。エスプレッソダブルより濃い。
by ken (2006-09-02 19:43) 

わらばー@見ッチェル

「ちんぴょろすぽ〜ん」はやってくれたんだろうか
by わらばー@見ッチェル (2006-09-02 21:11) 

瑠璃子

ken氏
参加者もこゆい人が多かった。なによりなんとなくニオウっていうかなんというか…。

ミッチェル
参加者で白タイツ着てやっている人はいたようです。
by 瑠璃子 (2006-09-03 11:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。